Photo: SOL/Edwin Morales

現地時間2019年7月15日(メキシコ)、プエルト・エスコンディードで開催されたビッグウェイブイベント「Puerto Escondido Cup(プエルト・エスコンディード・カップ)」。

WSL(ワールドサーフリーグ)ではなく、サーフ・オープン・リーグ(Surf Open League)主催による同イベントは歴史的なイベントとなりました。

その理由は、WSLイベント以外のサーフィンコンテストで初めて男女賞金格差をなくしたため。

今回の記事は、プエルト・エスコンディード・カップの結果や動画、そして男女賞金格差に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


サーフコンテストと言えば、WSLが2019年から男女賞金格差を無くしたアメリカを拠点とする初のスポーツ団体として昨年話題となりました。

ただし、賞金格差を解消したのはあくまでもWSLイベントに限定されていて、プエルト・エスコンディード・カップも同様の流れに向かっていたことは、先日お届けした記事でお伝えした通り。

発起人となりクラウドファンディングを主導したのは、同イベントの2018年女性部門チャンピオンのビアンカ・ヴァレンティでした。

そしてクラウドファンディングの結果は、目標額であった9千ドルを大きく上回る1.2万ドルを集め、WSL以外のサーフイベントで男女賞金格差無しのイベントとしたのです。

これは歴史に残る大きな一歩であり、今後のサーフイベントにおける最大のテーマになるのではないかと思います。

さて、イベント自体はメンズはビリー・ケンパー、ウイメンズはビアンカ・ヴァレンティの優勝で幕を閉じました。

とても興味深かったのは、ビリーもビアンカもWSL運営のBWT(ビッグウェイブツアー)サーファーでありながら、他団体のイベントに出場した点。

かつてアルビー・レイヤーがレッドブルイベントに出場しようとしたら、WSLに止められたなど、WSLはCT(チャンピオンシップツアー)とBWT出場資格を持つサーファーに対し、他団体のイベントを基本的に認めていなかったのですが、ルールが変わったのでしょうか!?

何はともあれ、色々な面でサーファーにとってプラスの方向へ向かっているサーフコンテスト。今回のムーブメントが世界中のサーフイベントへと波及していって欲しいですね。

2019年プエルト・エスコンディード・カップの結果

ファイナル(メンズ)
1: Billy Kemper
2: Gabriel Villarán
3: Marcial Monreal
4: Jafet Ramos
5: César Petroni
6: Cristian Merello

ファイナル(ウイメンズ)
1: Bianca Valenti 26.2
2: Emily Erickson 24.05
3: Isabelle Leonhardt 22.2
4: Raquel Heckert 20.58
5: Keala Kennelly 19.19
6: Michaela Fregonese 2.26

メンズ決勝のダイジェスト動画

ウイメンズ決勝のダイジェスト動画

-----

参照記事「Villarán, Monreal, Ramos, Petroni y Merello hicieron podio en la Puerto Cup

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事