手軽な価格で道具を揃えられることから、プロのフォトグラファーのみならず、一般レベルにまで浸透するようになったドローン撮影(ラジコンヘリを使った空撮)。

今回の動画は、サーフィンエリアや観光エリアとして人気の高いケープタウン(南アフリカ)での空撮映像をお届けします。まるで、上空からヘリコプターでツアーしているような感覚を味わえます。空撮についての過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

新たな撮影方法として定着してきた空撮

上記リンク先でも触れているドローン「DJI Phantom 2」とGopro Hero3で撮影されたという今回の映像。スタート地点はライオンズ・ヘッドから。0:44~からは、人気の高いテーブル・ヘッドとなります。0:57~からは、ケープ・ポイントへと移動。

ケープ・ポイントでは、1:20~から多くのサメが目につきますね。ただし、このサメは、南アフリカで有名なホホジロザメではなく、基本的に人を襲うことのない全長1.5メートルほどのドチザメという種類だそうです。

1:45~からは、オットセイが波と戯れる様子も見えます。ただ、オットセイがいるということは、アシカ/アザラシ/オットセイをエサにするホホジロザメが現れてもおかしくないですね。1:51~からは、ドイカー・アイランドに映像は移り、2:33~からシール・アイランドへと移動。

シール・アイランドは、その名が示す通り、アザラシの大群が目につきます。となると、ホホジロザメにとっては絶好の漁場。2:55~からの映像では、シール・アイランド沖合で、ボートからエサでホホジロザメをおびき出すシーンもありますね。ケージ(檻)がボートの脇にあるので、ホホジロザメを間近で見るアトラクションだと思います。おそろしや・・・。


スポンサーリンク

 

DJI PHANTOM 2 + 3軸ジンバルZenmuse H3-3D フルセット
DJI
売り上げランキング: 25,636

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事