乾季の8月前後がメインシーズンとなるインドネシア。今年はメインシーズンを終えましたが、シーズン中に撮影されたセッションの映像がアップされたので、お届けしたいと思います。撮影場所は、前半がバリ島、後半がニアスという事です。

出演しているのは、過去にインドネシアのツアーでチャンピオンになった経験を持つリー・ウィルソン。オーストラリアとインドネシアのハーフであるリーは、パダンパダンで開催される招待制ビッグウェイブイベントでも優勝経験のあるオールラウンドなサーファーです。

もう一人の出演者というか、メインのサーファーは、カリフォルニア出身のデレク・ピーターズ。以前はクイックシルバーのライダーだったのですが、今はノーズエリアにステッカーがなく、メインスポンサーは付いていないとのこと。ナイフのように切れ味鋭いターンがスムーズで、かなり見栄えの良いサーフィンとなっていて、個人的には好きなスタイルです。

見分け方は、リーが白いTシャツ、デレクが主に黒いロングスリーブのラッシュガードを着用しています。波は、前半がアクション系の波で、後半のニアスはビッグバレル。やはり、見応えがあるのは後半です。6:01~や6:58~のドロップは、とんでもなく強烈です。


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事