メンズのワールドツアー最終戦「パイプマスターズ」のラウンド1終了後に開催される事となったウイメンズのスペシャルイベント「ウイメンズ・パイプ・インヴィテーショナル」。

あまり情報がない中、先日ASPのサイトからステファニー・ギルモアがコンテストフォーマットを伝える動画をお届けしました。しかし、その動画はすぐに削除されることに。不思議に思いながら本日の開催を迎えて見ると、納得しました。動画で語られたフォーマットから大きく変更していたのです。削除された動画でのフォーマットを紹介した記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

一部情報が公開されたウイメンズスペシャルイベント「ウイメンズ・パイプ・インヴィテーショナル」

最終的には、4人ヒートが一回だけのイベントとなりました。出場サーファーは、ステファニー・ギルモア、カリッサ・ムーア、タイラー・ライトのワールドツアーサーファー3名、そして、今年前半に開催されたウイメンズ・パイプライン・プロで優勝したベサニー・ハミルトン。サリー・フィッツギボンズの代わりにベサニーが出場している点に違和感を感じ、サリーのSNSをチェックすると、どうやら自分の本が出版されるということで、宣伝に忙しそうな模様。

各サーファーの戦略は、じっくりと波を待つステファニー、形の良い小振りな波を狙うカリッサ、とにかく突っ込みまくるタイラーとベサニー。特に、片手パドルとなるベサニーは、テイクオフがレイトになりながらも果敢にチャージし、胸が熱くなるものがありました。

結果としては、堅実なコンテスト戦略で攻めたカリッサの勝利となりましたが、タイラーとベサニーのサーフィンは、ウイメンズはなかなかパイプラインでサーフすることもないので、慣れていないせいか荒削りな感じがしながらも、今後のウイメンズサーフィンのさらなるレベルアップを予感させるものでした。

結果:
1 - Carissa Moore (HAW) 11.00pts
2 - Tyler Wright (AUS) 8.67pts
3 - Bethany Hamilton (HAW) 6.83pts
4 - Stephanie Gilmore (AUS) 2.63pts


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事