ケリー・スレーター マウイ島 ホノルアベイ ボトムターン

エルニーニョ現象の影響から、ビッグスウェルに恵まれている今冬の北半球。特に、ハワイが当たり年ですね。2015年12月頭にはBWT(ビッグウェイブツアー)イベント「ピアヒ・チャレンジ(Pe'ahi Challenge)」が開催されたり、ウインターシーズン前半戦から調子が良いので。

今回の動画は、年が明けてもグッドスウェルが続いているハワイで、11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター「Kelly Slater」(43歳)がフリーサーフする映像をお届けします。


スポンサーリンク


撮影の舞台となったのは、ウイメンズWCTイベント最終戦「ターゲット・マウイ・プロ(Target Maui Pro)」の会場となっているマウイ島のホノルアベイ。

昨日の記事で、1月4日にベサニー・ハミルトンがマウイ島ジョーズでビッグウェイブにチャージしたとお伝えしましたが、今回の動画も同日のようです。ちなみに、ジョーズとホノルアベイは、どちらもマウイ島北西部に位置するサーフスポット。

ベサニー・ハミルトンが今度はマウイ島ジョーズのビッグウェイブにチャージ

今回の動画を見ていて圧巻なのは、波のフェイスの使い方ですね。とことんまでボトムに降り、隅から隅までフェイスを使うスムーズなサーフィンはハウツー動画のようです。

私のような一般サーファーだと、しっかりボトムまで降りようと意識すると、パワーポケットから抜けてしまうことがありますが、ケリーの場合、そこまでボトムに降りるの!?というくらいまでダウンザラインしながら、しっかりとドライブの利いたボトムターンを見せています。

要するに、波の見え方がまったく違うということですね。無駄のない見事なまでのライン取りとボトムターンに注目して見て欲しい動画です。ケリー・スレーターというサーファーは、まさにサーフィンのお手本ですね。

ケリー・スレーターの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

ホホジロザメがいても気にせずサーフィン@南アフリカ:ケリー・スレーター

<速報>ケリー・スレーターのウェイブプール動画公開!本人ライディング映像付き

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事