via vimeo

ジョーディ・スミスが訪れたことでかなり有名になってきたサーフカントリーとしてのモザンビーク。

アフリカ大陸という場所柄、なかなか手軽に訪れることのできる場所ではないのですが、それだけにラインナップは空いているのでプロサーファーの撮影エリアとしては最適です。

今回の動画は、主に南アフリカ出身サーファーによるモザンビークでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


出演しているサーファーは以下の通り。

ハリー・ブライアント
ブレンドン・ギベンス
マット・ブロムリー
デイヴィー・ヴァン・ジル

オーストラリアのハリー以外が南アフリカ出身サーファーなのは、モザンビークへのアクセスが理由でしょう。

サイクロンスウェルを狙って訪れたブレイクは、スナッパーロックスにそっくりなブレイクを見せるジョーディ動画でお馴染みのサーフスポットです。

スナッパーと同じくボトムはサンドなのですが、スラブになるほど巻き上げる波は相当ヘビー級。

さて、サイクロンスウェルということですが、ここ数年、サイクロン被害が目立つモザンビーク。

今年3月の被害では、モザンビーク、ジンバブエ、マラウィで1,000人以上が命を落とし、20億ドル規模の打撃を受けたとのこと。

日本の台風被害、アメリカのハリケーン被害などと同じく、サーファーに恵みのスウェルを与えてくれる一方、胸が苦しくなる被害のニュースを見ると複雑な気持ちになります。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事