今なおトップレベルのCT(チャンピオンシップツアー)と同等のレベルを持つ元CTサーファーのタジ・バロウ「Taj Burrow」(41歳)。

そんなタジのホームはオーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州ヤリングアップで、ホームにて毎年タジ主催となるグロムイベントを開催しています。

今回の動画は、今年で15年目となったタジ・バロウによるグロムイベント「Taj's Small Fries」のハイライト映像をお届けします。


スポンサーリンク


ゴールドコーストやシドニーといった華やかなシティを有する東海岸と異なり、自然豊富な田舎のイメージが強い西海岸。

その西海岸からはあまりサーフスターが誕生することがなかったのですが、サーフ界を席巻する存在して台頭したのがタジ。

そのタジが、メインスポンサーであるビラボンと共に15年前の2006年からスタートしたグロムイベントがスモールフライズです。

ビラボンがライダーたちとこの手のイベントを主催する事は定番となっていて、何もタジだけ特別というわけではないのですが。

ただ、興味深いことに各ライダーのホームでイベントで行われ、タジの場合はマイナーエリアであったこと。

タジというビッグネームのもとにスタートしたイベントは急速に規模が拡大し、次第にウエスタンオーストラリア最大規模のグロムイベントへと発展。

ウエスタンオーストラリアのみに留まらず、他州のグロムサーファーも同イベントに参加しているとの話を聞いたこともあるほどです。

そんなビッグイベントということで部門も細分化されて、「10歳以下」、「12歳以下」、「14歳以下」、「16歳以下」の男女ということで計8部門も設けられています。

ここまで細分化できると言うことは、それだけ大勢のサーファーが参加していることを意味していますね。

そんな今年のスモールフライズのダイジェスト動画。是非ともチェックして見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事