世界トップレベルでサーファー人口が密集しているオーストラリアQLD(クイーンズランド)州ゴールドコースト。

ワールドツアー初戦会場としても知られる有名なサーフエリアです。そのゴールドコーストでシャークアタックが発生。

今回の記事は、ゴールドコーストで発生したシャークアタックに関するニュースを動画と共にお届けします。


スポンサーリンク


シャークアタックが発生したのは昨日9月8日の午後5時過ぎ。

事故現場は、ワールドツアー初戦会場であるスナッパーロックスの隣となるレインボーベイとグリーンマウントの辺りだったとのこと。

被害者となったのは46歳のサーファーで、現場にいたサーファーやライフガードが懸命に救助したものの、足に重傷を負ったことから現場で息を引き取ったそうです。

オーストラリアでシャークアタックはよく耳にしますが、ゴールドコーストでのシャークアタックはあまり聞きません。

データとしては、ゴールドコーストで直近で発生したシャークアタックは2012年のノビーズビーチでのことで、その際は致命傷ではありませんでした。

ゴールドコーストで致命傷に至ったシャークアタックの発生は、遡ること60年以上前とのことです。

さて、オーストラリア東海岸の近年のシャークアタックの歴史を振り返ると、2015年に日本人が犠牲となったNSW(ニューサウスウェールズ)州バリナでの事故が発端となりました。

その後、おそらくサメの餌となる魚がバリナ周辺に留まっていたのか、バリナ~バイロンベイの間でシャークアタックが頻発しました。

ちなみに、バイロンベイから今回シャークアタックが発生したクーランガッタまでは70キロの距離。

サメが移動する距離としては短距離と言えるので、もしかしたらサメの餌となる魚が北へと移動し、サメも追いかけるように北上してきた可能性もありえます。

一度シャークアタックが発生したということで、今後は厳重にパトロールされることになるとは思いますので、さらなる被害が出ないことを祈っています。

-----

参照記事「Man dead after being attacked by shark on the Gold Coast

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事