サーフムービーを見る時、サーファーであれば当然ながらハイパフォーマンスやスタイルなどスポーツとしての側面に目が向きます。

サーファーのフィルマーやエディターもまた、製作段階から同じような観点を持っていますよね。

なのですが、スポーツとしてではなく、映像美としてシネマティックな観点から制作されたらどうなるのか!?

今回の動画は、ウイメンズトップサーファーをフィーチャーした映像美としてのサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


フィーチャーされているサーファーは、7×ワールドチャンピオンのステファニー・ギルモア、元CTサーファーのココ・ホー、スタイリッシュなフリーサーファーのリア・ドーソンの3名。

撮影場所はカリフォルニア州レモーに位置するケリー・スレーターのウェイブプール「サーフランチ」で、深夜に撮影されたそうです。

動画のディレクターを務めたのは、レディ・ガガやシーアのミュージックビデオで知られるダニエル・アスキル監督とのこと。

サーファー目線であれば、おそらくピックアップすることのない波のトップでジャンプするキックアウトなど、視点の違いが興味深い内容となっています。

ちなみに、この動画が制作された理由は、自動車メーカーのアウディの電気自動車シリーズのローンチ祝いだそうです。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事