新型コロナウイルスの影響により世界的に多くのビーチが閉鎖されている現在。

サーファーパラダイスであるインドネシアのバリ島では、全てのサーフスポットが閉鎖されているのではなく、サーフスポットによって対応が異なるようです。

そんなバリ島へと4月2日にスウェルがヒット。

今回の動画は、4月2日にスウェルがヒットした際のチャングーの映像をお届けします。


スポンサーリンク


行政によるチャングーの対応としては、3月30日からビーチが閉鎖されているそうです。

つまり、本来ならばサーファーが入っているはずはないのにサーファーの姿が見えます。普段のチャングーのラインナップからは考えられないくらい少ないのですが。

動画の概要欄には以下の説明がされています。

2020年4月2日は、バリ島にソリッドな6フィートのグランドスウェルがヒットし、風は緩いオフショアだったチャングーエリア。

唯一の問題は、3月30日からビーチが閉鎖されている点で、ビーチにいる人はみな、こっそり侵入したか、ビーチのガードマンを何とかしてすり抜けてきたのだろう。

私の場合は、ビーチにいる犬たちに餌を与えてくると言ってガードマンをすり抜けてきたんだけど。

この日はメインとなるペレレナンのリーフが早い時間帯は良いブレイクを見せていて、河口はマックスサイズでサンドバーは大きすぎて危険なコンディションだった。

ガードマンも真剣に取り締まるのであればビーチに入って取り締まることはできるものの、そこまで徹底しない緩さはバリ島らしいですね。

すでにインドネシアのサーフシーズンに入っていますが、しばらくはサーフィン禁止になっていないエリアではローカルのみのセッションとなります。

ちなみに、人里離れたメンタワイ諸島は意外なことにサーフィン禁止となっています。そのため、下記のような動画がSNSではありました。

パーフェクトなHTのブレイクを目の前にしてお預け状態となっているのは、メンタワイでのボートトリップ運営者。

キャプションと言い動画のコメントと言い、よろしくない言葉が目立ちますが、サーファーならば気持ちが分かりますし、あの波を前にして入れないのは残酷です…。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事