これから訪れる北半球のウインターシーズンにおいて、注目を集めるのがハワイのオアフ島ノースショア。

ノースショアの中でも世界トップレベルのサーフスポットとして知られるパイプラインをホームブレイクとするのがジェイミー・オブライエン「Jamie O'Brien
」(38歳)。

そのジェイミーがオアフ島ノースショアのシーズンオフに必ずと言っていいほど訪れるのがメキシコ。

今回の動画は、ジェイミー・オブライエンによる2021年シーズンのメキシコでのハイライト映像をお届けします。


スポンサーリンク


場所についての言及はないのですが、毎回レッドブルのジェットスキーを使っているということは決まった場所で、おそらくパスクアレスだと思います。

パスクアレスはプエルト・エスコンディードと並び、メキシコで最もパワフルなビーチブレイクとして知られています。

プエルトとの大きな違いは、プエルトはパドルインサーフィンが主流という点。

動画でのジェイミーたちはジェットスキーを使ったトウインサーフをしているので、「Lazy Surfing(楽ちんサーフィン)」と表現していますね。

ジェイミーのパフォーマンスもさることながら、ジェイミー以外の見所も溢れる今回の動画。

まずは、3:00~辺りからとなるジェイミーのノースショア仲間のルーカス・ゴッドフレイによるダブルバレル。

動画を見ていると、ルーカスが誰かにドロップイン(前乗り)され、奥から走ってきたルーカスが大きな1パンプでギリギリ目の前を追い抜かすシーンが印象的。

後のルーカスの説明によれば、ドロップインしたのは仲間のチャッピーで、ダブルバレルを狙っていたそうですが凄いです。

もう一つ興味深い点は、ジェイミーVlogの裏方と言えるカメラマンたちによるカメラマンカップの開催。

カメラマンたちはもちろんプロサーファーではないので、ジェイミーが軽々とメイクしているバレルを一般サーファーがチャージするとこうゆう風になるんだなと分かります(笑)。

ジェイミー・オブライエンの今年の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事