日豪ハーフのCT(チャンピオンシップツアー)サーファーのコナー・オレアリー「Connor O'Leary」(27歳)。

今シーズンでCTサーファーとしてのキャリアは3年目となり、ツアー初戦となったパイプマスターズの結果はラウンド3でジョンジョン・フローレンスに敗退して17位。

今回の動画は、コナー・オレアリーによるフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


コナーのキャリアとしては、2016年にQSチャンピオンとなり、2017年シーズンからツアールーキーとしてCT参戦。

ルーキーイヤーはCTランク13位と好調な成績を残したものの、翌2018年にCTランク26位となってリクオリファイを果たすことができませんでした。

しかし、2019年にはQSランク9位となり、即座にツアー返り咲きを決めています。

元CTサーファーであれば下部リーグに当たるQSで活躍できるのは当然と思われがちですが、CTとQSでは波のクオリティに関して雲泥の差があります。

CTは世界トップレベルのサーフスポットを巡ることからドリームツアーと呼ばれ、QSイベントの波は大半が「クソ波」と言われるほど。

ハワイのように波の良いエリアで育ったサーファーなんかは、「大金を払ってクソ波を求めて世界を旅するのはアホらしい」との声を聞くことは珍しくないですし…。

つまり、どんなコンディションであっても結果を残すと言うことは、それだけの実力を備えている事の証明となります。

さて、コナーはグーフィーフッターということで、CTで重要となるのはバックサイドでのアクション系のマニューバのレパートリー。

動画を見る限り、ブローテールからのリバースをコンスタントに取り入れたりと、2度目のCTイベント対策はバッチリのように見えるのでオーストラリアンレグは注目ですね。

コナー・オレアリーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事