blank

Image: WSL

コロナ禍ということで流動的となり、なかなか確定に至らなかった今季のオーストラリアンレグ。

そのオーストラリアンレグがようやく確定となり、例年の3イベントから4イベントへとボリュームアップ。

さらには、例年の2イベントがキャンセルとなり、3イベントが追加という異例の展開となりました。

今回の記事は、2021年オーストラリアレグ確定に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


4月1日からスタートとなるオーストラリアンレグ。これまでにお届けしていた情報では、ベルズビーチがキャンセルとなり、ニューカッスルが追加となっていました。

そして今回のニュースでは、残念ながらゴールドコーストのスナッパーロックスもキャンセルになったとのこと。

オーストラリアでは4イベントの開催を発表していたWSLなので、スナッパーのキャンセルにより、残されたイベントはニューカッスルとマーガレットリバーの2イベントのみ。

そこで新たに2イベントが追加となり、ニューカッスルと同じNSW州のノースナラビーン、マーガレットリバーと同じWA州のロットネストアイランドが会場となります。

つまり、NSW州で2イベント、WA州で2イベントとなったのです。

この点がスナッパーのキャンセルにも繋がっていて、クラスター発生による州境閉鎖のリスクを回避するためのキャンセルとのこと。

各イベントのウェイティングピリオドは以下となります。

*Rip Curl Newcastle Cup pres. by Corona:4月1~11日

*Rip Curl Narrabeen Classic pres. by Corona:4月16~26日

*Boost Mobile Margaret River Pro pres. by Corona:5月2~12日

*Rip Curl Rottnest Search pres. by Corona:5月16~26日

興味深い点としてはタイトルスポンサーが挙げられ、マーガレットリバーはブーストモバイル、残り3イベントは全てリップカールとなります。

そして、ロットネストアイランドに関しては、2011年を最後に終了したサーチイベントだそうです。

サーチイベントとは、毎年会場がフィックスではなく、波が良いブレイクへ毎年会場を変えるリップカールのイベントで、最後となった2011年の会場はサンフランシスコでした。

ロットネストアイランドはWA州都パースからすぐの沖合に浮かぶ島。

島と言うことで医療リソースが十分ではない点を考えると意外過ぎる会場であり、だからこそサーチイベントに相応しいようにも思えます。

地理的にインド洋を移動してきた低気圧がヒットするエリアなので、どのような波でCTイベント開催になるのか最も楽しみな会場です。

さて、ようやくスケジュールが確定し、あとは4月のイベント開催を待つばかりとなりました。

オーストラリアでクラスターが発生せず、無事にオーストラリアンレグが進行できることを願っています。

-----

公式サイト「WSL

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事