現在、乾季のサーフシーズンとなっているインドネシア。

シーズン中のインドネシアで注目されるのは、ブキット半島西部に位置するウルワツやパダンパダンといったレフトハンダーがメインとなります。

バリ島でワールドクラスのライトハンダーとして知られるのはクラマスであり、クラマスの風向きが合うのは雨季なので、乾季のライトは選択肢が少ないものの存在するとか。

今回の動画は、カイ・レニーなどによる昨日撮影されたバリ島のライトでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


撮影地は半シークレットということで具体的な場所は言及されていませんが、ブキット半島南部だそうです。

コンディションが良くなるのは、スモールサイズのスウェルと潮が上げている時間帯とのこと。

ブキット半島南部は風向き的には雨季のイメージが強いですが、この時期であっても季節風が強まるランチタイム頃までは使えるそうです。

ちなみに、ブキット半島南部はMSWなどでも公となっているブレイクは、グリーンボールやニャンニャン程度で、それ以外はほぼシークレットスポット扱いに近いです。

そのため、南部を探索すればバリ島であっても混雑とは無縁のブレイクを見つけることができるかもしれません。

グリーンボールとニャンニャンは過去にサメの目撃談の噂が流れていたので、個人的には一度も近付いたことはありません。

サメの行動範囲を考えれば、ブキット半島南部沿岸に出没するならば、バリ島全域のどのエリアに出没しても不思議ではないのですが…。

動画にはカイ・レニーが登場という事で、現在のインドネシア入国には5日間の隔離が求められるという事で長期滞在なのかもしれません。

カイ以外にはインドネシアンローカル勢のブロンソン・メイディやマーロン・ガーバーも出演しています。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事