ノア・ディーンやクリード・マクタガートといった若手フリーサーフシーンを牽引するオーストラリアのフリーサーファー。

そんなメンバーたちと行動を共にするのが、サンシャインコーストをホームとするジェイク・ヴィンセント(Jake Vincent)。

妹はビラボンのフリーサーファーとして注目のジャリーサ・ヴィンセントですね。

今回の動画は、ジェイク・ヴィンセントによるミスフィットシェイプス(M/SF/T Shapes)のシグネチャーモデル「YANDINA SPEEDWAY」に乗るフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


サーフィン大国オーストラリアということで、才能が埋もれているとも言えるジェイク。

世界的に見ても、ましてや日本国内でもジェイク・ヴィンセントという存在を知っているサーファーはほとんどいないと思いますし。

ですが、エアリアルのスキルに関してはとんでもないレベルで「何そのバリエーション!?」といったローテーションをこれでもかと繰り出してくるサーファーです。

そんなジェイクによる今回の動画ですが、使用しているサーフボードはミッチ・コレボーンなんかもサポートするミスフィットシェイプス。

自身初となるシグネチャーモデル「YANDINA SPEEDWAY」でのライディングとなります。

このボードのコンセプトは非常に面白く、従来の概念を覆すデザインとなっています。

基本的にサーフィンはフィンがターンの支点になると言われている通り、後ろ足加重が肝となるので、ボードのボトムデザインはテール側が重要となります。

なのですが、ノーズ側のボトムデザインにこだわってみたり、ショービットのしやすさを考慮に入れたりなど、これまでには考えられない仕様となっています。

興味深いサーフボードブランドであると同時に、今後台頭してくるブランドだろうなと容易に想像できます。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事