今では市民権を得たと言っていいほど一般的にも知られているサーフィンドッグという存在。

サーフィンドッグコンテストをきっかけに知られるようになると、犬がサーフィンを楽しむだけではなく、自閉症やPTSDといった精神疾患を抱える方へのセラピー犬として活躍の場を広げましたので。

そんなサーフィンドッグに続き、ハワイではサーフィンキャットまで登場。

今回の動画は、ホクレアと名付けられたサーフィンキャットの映像をお届けします。


スポンサーリンク


ハワイのオアフ島ホノルルで暮らすサーフィンキャットのホクレア。

ハワイとタヒチを航海した伝統的カヌーであるホクレア号から名前を取ったハワイらしい猫ということで、サーフィンのスキルも受け継いだのかもしれません。

当初はシャイで、ベッドのシーツに隠れたりしていたホクレアだったそうですが、その内、家族に馴染んでくるとどこに行くにも付いてくることに。

驚かされる点として、一般的に猫は水が苦手と言われているのですが、ホクレアの場合は家族のシャワーにまで付いてきたり水を怖がらなかったとか。

そこで、ホクレアはもしかしたらハワイアン同様、海が好きかもしれないと連れ出し、一緒にサーフするようになったそうです。

ひたすらサーフボードにしがみつくのではなく、サーフボードから離れて自ら泳いだりと、ネコとしてはかなり特殊なタイプのホクレア。

まさにサーフィンをするために生まれてきたサーフィンキャットなのかもしれないですね。

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事