今ではすっかりWSL(ワールドサーフリーグ)のコメンテーターとして知られる存在となったローラ・エネヴァー「Laura Enever」(30歳)。

ローラのサーフキャリアはと言うと、2009年のワールドジュニアチャンピオンであり、その後はCT(チャンピオンシップツアー)サーファーとして2017年シーズンまで活動していました。

今回の動画は、ローラ・エネヴァーのスポンサーであるビラボンが公開したローラにとっての「FUN」を紹介する映像をお届けします。


スポンサーリンク


CTサーファー引退後は、前述したWSLコメンテーターになる前にビッグバレルハンターへと転身したローラ。

撮影に何年もの月日を経てリリースした作品「UNDONE」は大きな話題となりましたね。

そんなローラにとっての「FUN(楽しみ)」とは何なのか!?

プロサーファーにとってはサーフィンは仕事であるものの、「仕事」と一言で括れないのが興味深いと言えます。

というのも、プロサーファーは引退後もライフスタイルの一環としてサーフィンを続けるケースは珍しくないのですから。

ローラにとっての楽しみも仕事でもあるサーフィンで、車にサーフボードを詰め込み、ファンウェイブを求めてロードトリップに出ることとか。

ローラのホームはオーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州のノースナラビーンで、ホーム周辺で撮影された内容との事です。

ローラ・エネヴァーの過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事