blank

Photo: Surfing Champions Trophy

コロナ前の2019年までは毎年、夏になるとモルディブで開催されていた「Four Seasons Maldives Surfing Champions Trophy」。

略してチャンピオンズトロフィーなのですが、今年は10周年ということで招待サーファーが非常に豪華となっていて、なんと11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター「Kelly Slater」(50歳)も参戦することに。

今回の記事は、2022年チャンピオンズトロフィーに関するイベントニュースをお届けします。


スポンサーリンク


チャンピオンズトロフィーとは?

チャンピオンズトロフィーとは、ワールドツアー引退後となる元CTサーファーを招待して開催していたイベントです。

ただし、回を重ねるごとに全員元CTサーファーを集めるのは難しかったのか、現役世代のサーファーも出場したりしていましたが。

同イベントの興味深い点としては、コンテストと言うとスラスター一色ですが、シングルフィン、ツインフィン、スラスターと3部門のイベントが開催される点。

サーファーによって得意不得意が出るので、この点も見所の一つと言えます。

今年の招待サーファー

今年は10周年という点を考慮してか、招待サーファーがスペシャルとなっていてモーメンタム世代が勢揃いとなります。

モーメンタム世代とは、ロブ・マチャドと仲の良かったテイラー・スティール監督が、当時若手であったロブとその仲間たちのサーフィン撮影をするようになり、後に毎年ヒット作をリリースするようになったテイラー監督の初期の作品がモーメンタム。

そのモーメンタムに出演していて、当時はニュースクーラーと呼ばれコンテストでもエアリアルを取り入れるようになったサーファーたちのことを指します。

今年の招待サーファーは以下の通り。

*ケリー・スレーター
*ロブ・マチャド
*ロス・ウィリアムス
*テイラー・ノックス
*シェーン・ドリアン
*フセイン”イブー”アリーフ(ローカル枠)

タヒチでのCTイベント後に飛んできたというケリーのコメントは以下となります。

モルディブに来たのは初めてで、コンテストシーンで一緒に育ってきた最高の仲間たちとサーフィンできることにエキサイトしてるよ。

何年もこのトリップを実現しようと狙っていて、みんながパートナーと一緒にここに集まることができて、リラックスして過ごすことになるのは最高だね。

以下は到着後のケリーのウォームアップセッションのようです。

まとめ

イベントのウェイティングピリオドは8月22~29日なので、ケリーが到着した22日はすでにウェイティングピリオドに入っていました。

つまり、いつイベントがオンになってもおかしくありません。

ただし、過去の例を考えればイベントはおそらくライブ配信はなく、ハイライト動画の公開くらいだと思います。

ハイライト動画が更新されれば、随時当サイトでもイベントレポートを紹介していきますのでお楽しみに。

-----

公式サイト「Surfing Champions Trophy

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事