ミステリーボード企画の「SITD(Stab in the Dark)」やウェイブプールでのエアショー「スタブハイ」など数々の人気企画を発信しているスタブ誌。

そのスタブ誌は現在、サーフィンメディアとしては初となるサブスクリプション制を導入し、一部コンテンツを有料となるプレミアム会員のみに限定配信しています。

そして新たな有料コンテンツがスタートすることに。

今回の動画は、スタブ誌がスタートさせた新企画「Stab Highway(スタブハイウェイ)」のエピソード1をお届けします。


スポンサーリンク


8エピソードから成るスタブハイウェイはプレミアム会員向けコンテンツと前述しましたが、エピソード1のみ無料公開となっています。

企画内容としては、16名のオージーサーファーが4チームに分かれ、30のチャレンジにトライします。

チャレンジ自体は、テクニカルな内容に加え、ワックスとデッキパッド無しでサーフィンやらウエットスーツを着続けて何日間過ごせるかなど、ジョークのような内容も盛りだくさん。

イベント自体はハイウェイという名前が付いている通り、10日間に渡りオーストラリアのNSW(ニューサウスウェールズ)州で車を走らせながら進行。

ここでひとまず、参加サーファーを記しておきます(チームキャプテンはウイメンズ、チームメンバーはメンズと言う構成でキャプテンはマーカーで記しています)。

ホリー・ウォン
・ハリー・ブライアント
・ダコダ・ウォルターズ
・リーフ・ヒーズルウッド

ジャリーサ・ヴィンセント
・ノア・ディーン
・ショーン・マナーズ
・ウェイド・グッドオール

パチャ・ライト
・ディアン・アジアス
・マッケンジー・ボーデン
・シェルドン・シムカス

メイシー・キャラハン
・チッパ・ウィルソン
・コビー・パーコヴィッチ
・ベンジャミン・ホワード

CTサーファーから世界トップレベルのフリーサーファーなど、メチャクチャ豪華な面子を集めた贅沢な企画です。

イベントということで、30のチャレンジは全て順位が付けられ、1位が4ポイント、2位が3ポイント、3位が2ポイント、4位が1ポイントで、最終的にランキングが決まります。

ジャッジパネルは、フリーサーファーのオジー・ライトやフィルマーのカイ・ネヴィル監督などこちらも豪華です。

エピソード2から有料コンテンツとなりますが、会員料金は月払いで9.99ドル、年払いで5.99ドルと値段以上の価値がありお得。

エピソード1を見て面白いと思ったら、プレミアム会員になるのがお勧めです。

-----

公式サイト「Stab

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事