ヨーロッパのQS(クオリファイングシリーズ)イベントとして、10月18~23日にウェイティングピリオドが設定されていたQS3,000イベント「Azores Pro」。

ポルトガルのアゾレス諸島を舞台にしたイベントで、同イベントのジュニア部門は先日終了したのですが、メインイベントはキャンセルという珍しい展開となることに。

今回の記事は、ストームの影響により開催中止となったアゾレスプロに関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


QSイベントはイベント期間自体が短期間であるケースが大半であることから、波を外すことは多々あります。

セットで膝波で開催されることもあるくらいですし。

ですが、今回の場合はストームが連続して訪れるということで、波が大きすぎて危険との判断からキャンセルというレアなケースとなりました。

ウェイティングピリオド初日の前夜には、設営したイベント会場もダメージを受けたほどだったとか。

イベントオーガナイザーのロドリゴ・エレディアは以下のコメントを寄せています。

イベントキャンセルの決断は容易ではなかったし、タフな一週間になった。

現在、2つのビッグストームに挟まれていて、イベント期間自体が短いのにスウェルが大きすぎる状況なんだ。

イベント開催のためにあらゆる手を尽くしてはみたんだけど、海をコントロールすることはできない。

アゾレス諸島にとっては大きなスポーツイベントだから、来シーズンは開催できるようにベストを尽くします。

さて、イベントキャンセルは残念なニュースではあるのですが、アゾレス諸島は島と言う環境なので、場所を選べば風向きが合い、スウェルが軽減するブレイクはあるはず。

実際にそんなサーフスポットはあり、皮肉なことに出場予定だったサーファーたちはエピックコンディションでのフリーサーフィンを下記動画の通り楽しんだようです。

-----

公式サイト「WSL

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事