blank
via youtube

WSL(ワールドサーフリーグ)公式波予報サイトのサーフライン、そして大手ウエットスーツブランドのオニール。

両社によるコラボ企画となるサーフトリップのシリーズ作品「Maps to Nowhere」のエピソード3が公開されました。

舞台となっているのは完全貸切となるライトスラブ。

今回の動画は、同シリーズ作品のエピソード3となる「Timing is Everything」をお届けします。


スポンサーリンク


トリップ先を決めているのは、ハードコアなサーフトラベラーでありジャーナリストのマット・ロード。

今回のトリップに参加したオニールライダーは以下の通り。

*イアン・クレーン
*ソリ・ベイリー
*アン・ドス・アントス

動画を見ると、南カリフォルニアからやってきたイアンの移動時間は実に80時間台だったとか。

そしてソリとアンがオーストラリアから参加と言う点を考えると、おそらく舞台となっているのは南太平洋でしょう。

波は激浅で強烈すぎるライトスラブと言う事で、プロサーファー以外で楽しめるサーファーは少ないと言うレベル。

最も印象的なのは、女性のアンもチャージして見事にバレルをメイクしてしまうところ。

一般サーファーが憧れるドリームトリップとは少し異なるものの、トッププロによるトップコンディションでのパフォーマンスは必見です。

「Maps to Nowhere」の過去記事