現地時間11月14日(ハワイ)、WQSプライムイベントのトリプルクラウン初戦「リーフ・ハワイアン・プロ」がハレイワで開催され、ラウンド2ヒート13~ラウンド3ヒート14まで終了しました。公式サイトによる波のサイズは、8~12フィート。

2014年度トリプルクラウン第一戦リーフ・ハワイアン・プロ:初日ハイライト

2014年度トリプルクラウン第一戦リーフ・ハワイアン・プロ:二日目ハイライト


スポンサーリンク

セットのピークでは、ダブル~トリプルオーバーヘッドほどとのことでしたが、ファーストセクション後のショルダーはサイズを落とすので、それほどサイズがあるように感じられませんでした。ピークに目を向けると恐ろしいのですが・・・。

本日のデータとして興味深いのは、本日のヒートで全サーファーが乗った波数の合計が142本で、その内113本が6ポイント以上だったそうです。つまり、それだけハイパフォーマンスを見せやすいサイズ、つまりはトップサーファーにとってファンサイズだったのかと思います。もちろん、ラウンド3からはシード権を持つワールドツアーサーファーが登場したというのも、大きな理由として挙げられるとは思いますが。

本日、トータルで18.70ポイントのハイエストスコアを出したのはダスティ・ペイン。元ワールドツアーサーファーであり、実力はあるのに怪我に苦しめられてきたサーファーですね。ワールドツアーサーファーが出てきても、その上を行くパフォーマンスを見せながら、WQSではなかなか成績を残せていません。

ハワイアンでワールドツアーサーファーが少ない理由は、暖かくて波があるハワイを出て、ハワイより寒くて腰サイズの風波で開催されることも多いWQSイベントに出る意味がないと言われることがありますが、まさにダスティに当てはまるような気がします。サイズのある波では、これほどの実力を見せるのに、WQSでは振るわないのですから・・・。

コンテスト自体は、後1日あれば終了できる状況まで進みました。今後の予報を見る限り、明日が最終日となる可能性もあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。明日の朝一からスタートとなれば、日本時間では16日(本日の夜中)3時くらいからとなります。あまり早起きせず、午前7~8時くらいからチェックすれば、コンテストが佳境に入ってベストかもしれないですね。

Reef Hawaiian ProのLiveページ

本日のコンテスト結果

Round 2:
Heat 13: Wade Carmichael (AUS) 16.16; Caio Ibelli (BRA) 13.10; Beyrick De Vries (ZAF) 12.97; Kylen Yamakawa (HAW) 8.77

Heat 14: Tanner Hendrickson (HAW) 13.93; Jean Da Silva (BRA) 10.63; Willian Cardoso (BRA) 6.06; Nathan Florence (HAW) 5.93

Heat 15: Yadin Nicol (AUS) 17.50; Alex Smith (HAW) 14.00; Dillon Perillo (USA) 13.97; Marc Lacomare (FRA) 13.30

Heat 16: Garrett Parkes (AUS) 17.07; Jose Ferreira (PRT) 13.94; Kalani David (HAW) 11.53; Kaito Ohashi (JPN) 8.57

Round 3:
Heat 1: Jordy Smith (ZAF) 17.00; Joel Centeio (HAW) 15.57; Michael Dunphy (USA) 10.97; Maxime Huscenot (FRA) 6.10

Heat 2: Joan Duru (FRA) 14.37; Nic Von Rupp (PRT) 12.70; Aritz Aranburu (ESP) 8.67; Kai Otton (AUS) 6.73

Heat 3: Adrian Buchan (AUS) 15.44; Tomas Hermes (BRA) 15.37; Stu Kennedy (AUS) 15.30; Dion Atkinson (AUS) 15.16

Heat 4: Dusty Payne (HAW) 18.70; Raoni Monteiro (BRA) 17.00; Sunny Garcia (HAW) 16.30; Kolohe Andino (USA) 14.10

Heat 5: Ramzi Boukhiam (MAR) 17.24; Brett Simpson (USA) 14.27; Nathan Hedge (AUS) 13.80; Nat Young (USA) 13.57

Heat 6: Bede Durbidge (AUS) 18.46; Mitch Crews (AUS) 16.66; Ezekiel Lau (HAW) 16.37; Tanner Gudauskas (USA) 16.07

Heat 7: Julian Wilson (AUS) 17.77; Sebastian Zietz (HAW) 17.27; Bill Stairmand (NZL) 16.03; Davey Cathels (AUS) 15.60

Heat 8: Damien Hobgood (USA) 18.04; Mick Fanning (AUS) 16.50; Luke Davis (USA) 13.07; Jesse Mendes (BRA) 13.06

Heat 9: Vasco Ribeiro (PRT) 16.60; Keanu Asing (HAW) 16.10; Pancho Sullivan (HAW) 9.84; Mason Ho (HAW) 8.20

Heat 10: Matt Wilkinson (AUS) 17.20; Torrey Meister (HAW) 15.90; Jack Freestone (AUS) 14.90; Jadson Andre (BRA) 13.50

Heat 11: Owen Wright (AUS) 18.63; Travis Logie (ZAF) 17.30; Patrick Gudauskas (USA) 16.70; Jonathan Gonzalez (CNY) 11.77

Heat 12: Frederico Morais (PRT) 17.07pts ; Conner Coffin (USA) 17.03pts ; Alejo Muniz (BRA) 16.36pts ; Miguel Pupo (BRA) 15.46pts

Heat 13: Wade Carmicheal (AUS) 15.20pts ; Jeremy Flores (FRA) 13.00pts ; Josh Kerr (AUS) 12.87pts ; Jean Da Silva (BRA) 5.53pts

Heat 14: Tiago Pires (PRT) 18.57pts ; Filipe Toledo (BRA) 16.27pts ; Tanner Hendrickson (HAW) 14.94pts ; Caio Ibelli (BRA) 10.24pts

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事