同じショートボーダーでありながら全くスタイルの異なるノア・ベッシェン「Noah Beschen」(18歳)とオスカー・ラングバーン「Oscar Langburne」(15歳)。

そんな二人は現在、RVCA(ルーカ)の若手チームメイトです。

今回の動画は、ノア・ベッシェンとオスカー・ラングバーンの内面に迫った映像をお届けします。


スポンサーリンク


ノアは言わずと知れたシェーン・ベッシェンの息子で、昔から注目を集めていたいわゆるスーパーグロムで、サーフスタイルはプログレッシブ。

一方、スムーズスタイルのオスカーは、プロサーファーを目指していたわけではなかったもののクレイグ・アンダーソンに見出され、デーン・レイノルズとクレイグのブランド「Former(フォーマー)」のライダーでした。

今回の動画を見るまで、オスカーがルーカに移籍していたと気付きませんでしたが、SNSでは2018年11月に発表していました。

さて、そんな二人をフィーチャーした今回の動画。それぞれが好きなサーファーやミュージシャン、インスタグラムのイメージなどを語っています。

ラストには、お互いのサーフィン映像を見て、どんなミュージックが合うのかをチョイスしたりと面白いです。

それにしても、これほどまでにサーフスタイルが異なる10代の二人が同じブランドのライダーと言うのは興味深いですね。

ノア・ベッシェンとオスカー・ラングバーンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事