オーストラリアのトップサーファーによるイスラエルトリップ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

サーフィンのイメージが全く思い浮かばないイスラエル。今回の動画は、そんなイスラエルへとトリップした映像となります。出演サーファーは、ジョシュ・カー、ディオン・アジアス、クレイグ・アンダーソン、クリード・マクタガートの4名。ワールドツアーサーファーであるジョシュ以外は、揃って人気の高いフリーサーファーですね。

今年前半に行われたという今回のイスラエルトリップの映像。以前にジョシュのイスラエルトリップ記事をお届けしましたが、ボードやウエットスーツも同じものを使用しているので、前回の記事はジョシュだけをフィーチャーしていますが、実は3人も一緒だったトリップだったのかと思います。

冒頭から、黄色いウェットスーツのジョシュが、勢いのあるフルローテーションでセッションはスタート。このメンバーの中では最年長のジョシュが、最もキレたサーフィンを見せているのが凄いですね。ジョシュとクリードがレギュラーフッター、クレイグとディオンがグーフィーフッターとなります。

動画途中では、ファンと記念撮影をしたりと、イスラエルでもサーフィンがカルチャーとして浸透している点が興味深いです。


スポンサーリンク