• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

タスマニア(オーストラリア)出身でフォトグラファーのスチュ・ギブソン。横乗りを撮影対象にしているスチュは、ドローン(ラジコンヘリ)による空撮を始めてから、すっかりとドローンにハマることに。そのため、空撮のライセンスを取り、今年2015年からはドローンオペレーターとして活動することになったそう。

今回の動画は、そんなスチュが2014年に空撮した映像のコンピレーションとなります。どこへ行くにもドローンと一緒だったと言うだけあり、タスマニア、インドネシア、フィジーと撮影場所も豊富となっています。空からの撮影という視点は、今なお新鮮で興味をそそられますね。

果たして、今後のドローンの発展はどうなっていくのでしょうか!?例えば、過去記事でも紹介した機能をもとに、GPSを使って自分のホームブレイクをセットし、映像をライブ配信のようにパソコンやタブレットに転送し、ベッドの上で波チェックなどできるようになってしまうのかもしれませんね。

もちろん、みんながみんな同じような使い方をしたら、GPSの設定値が同じドローン同士が交通事故を起こしたり、ドローンによる空の渋滞などが発生してカオスになりそうですけど。上記はくだらない妄想ですが、使い方次第でさらに面白くなることは間違いないでしょう。


スポンサーリンク


 

DJI PHANTOM 2 + 3軸ジンバルZenmuse H3-3D フルセット
DJI
売り上げランキング: 25,636
  • 人気高まるロングスケートボード!ダンシングスケートボーダー起用で拡散したMV
  • ツアーノートbyハーレー:リオデジャネイロ
  • カラフルなナイトサーフィンを取り上げたフィリップス社のCM
  • マイケル・ホー&マーク・ヒーリーの2in1バレル@パイプライン
  • サーフィンや観光と魅力詰まったケープタウンを空撮するとサメの姿も
  • アラスカ 潮津波 海嘯
    春or夏にアラスカ旅行するなら注目!あまりに美しい神秘的な潮津波

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事