ステフが登場するサイクロンスウェルで激混みのスナッパーセッション

シェア(記事を気に入ればお願いします)

先日の記事でお伝えしたよう、サイクロン「Ola」のスウェルによって盛り上がっていたゴールドコースト。スナッパーやキラといったメジャースポットは期待外れとなったものの、ミック・ファニングなどは波を当て、その映像をお届けしましたね。

ミック・ファニングらトップオージーがサイクロンスウェルのベストコンディションでセッション

今回の動画は、そんな少し期待外れとなったスナッパーの映像をお届けします。登場するのは、アッシャー・ペイシー、ステファニー・ギルモア、ディミティ・ストイルなど。スタートがアッシャー、0:24~からディミティ、1:57~からステファニーが登場します。

それにしても、とんでもない混雑ですね。サーフィンを楽しむというより、接触しないように気にしながらのライディングかと思います。波は、本来のスナッパーとは程遠いですね。しっかり地形が決まっていれば、グリングリンのチューブセクションが多いですから。

気になったのはディミティのボード。ボードのノーズエリアにメインスポンサーを示すステッカーがありません。昨シーズンからワールドツアーに参戦し、今年2015年もツアーに残ったほどのサーファーですが、ツアー入り当初からメインスポンサーは付いていませんでした。

メインスポンサーが付いていないウイメンズのツアーサーファーで言えば、2014年のルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得したジョアン・デフェイも同じです。ただ、ジョアンに関しては、同郷のジェレミー・フローレスが、個人的に金銭面でサポートしていました。

ウイメンズのWCTサーファーは17名のみで、その17名に入ってもメインスポンサーがいないのは厳しい現実です。一方、数ヶ月前に豪スタブ誌が発表した高所得ウイメンズサーファーリストによると、コンテストの賞金やボーナスを抜いた推定収入として、アラナ・ブランチャード(180万ドル)、ステファニー・ギルモア(170万ドル)、カリッサ・ムーア(120万ドル)、サリー・フィッツギボンズ(110万ドル)と、日本円にして1億円超えが4名。

メンズ同様、ウイメンズの世界も少数精鋭にして、稼げるサーファーはどんどん稼ぐ流れとなっているのかもしれませんね。

アッシャーとステファニーの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ゴールドコーストで過ごすアッシャー・ペイシーの日常

有名フォトグラファーが切り取るステファニー・ギルモア

6×ワールドチャンプまでの軌跡:ステファニー・ギルモア

後ろ足のポジショニングが参考になるフリーサーフ映像:ステファニー・ギルモア

2013年度WCTウイメンズno.5:ステファニー・ギルモア

女王ステファニー・ギルモアのバレルスキルとは!?

ヘビーウォーターのPパスでチャージ:ステファニー・ギルモア


スポンサーリンク