• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

ここ数年、よく目にするようになった潮津波での波乗り映像。満潮時の川で、波のように隆起した潮が、上流へと逆流することで発生します。当ブログでも紹介してきた中国やインドネシアでの潮津波などは、まるでパーフェクトウェイブのようなブレイクを見せますね。

インドネシアの潮津波を追いかけたドキュメンタリー

河で発生するパーフェクトウェイブ

10分間ライドも可能な中国の潮津波「シルバー・ドラゴン」

まるで新たなサーフフィールドと思われがちな潮津波サーフィンですが、ヨーロッパの方では、以前から当たり前のように楽しむサーファーがいたそうです。では、なんで現在のように話題に上がらなかったのか!?

理由としては、ヨーロッパの潮津波サーフィンは、発生する潮津波のサイズが小さく、中国やインドネシアの潮津波と比べ、あまりサーフィンに適していないためだと考えられます。どちらかと言うと、流れるプールに近い感じではないでしょうか。

ちなみに、潮津波は自然現象のため、今でこそスポットライトが当てられていますが、昔から現地の人にとっては当たり前だったとのこと。そのため、英語名では「Tidal Bore」と呼ばれていますが、各地域で現地名があります。最も有名なのはアマゾン川で発生するポロロッカ(Pororoca)。上記リンク先のインドネシアのスマトラ島の潮津波はボノ(Bono)などです。

今回の動画は、ワインの名産地であるボルドー(フランス)近くにあるドルドーニュ(Dordogne)川での潮津波サーフィン映像となります。ここは何が凄いかと言うと、混雑です。これだけ多くの人が集まるということは、それだけ知られた遊びということですね。


スポンサーリンク


  • チェコ共和国に誕生したリバーサーフィン
  • 延々とブレイクする潮津波でハイドロフォイルボード!ライド距離は驚異の10キロオーバー
  • シェーン・ドリアンが息子のジャクソンとリバーサーフィン@米国コロラド州
  • インドのガンジス川で発生する巨大な潮津波
  • ドイツのリバーサーフィンをアピールするCM!?
  • ドイツ ミュンヘン アイスバッハ キックフリップ
    アイスバッハ川(ドイツ)のリバーサーフィンでお医者さんがキックフリップをメイク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事