2015年度ウイメンズWCT第八戦「カスカイス・ウイメンズ・プロ」:最終日ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

現地時間9月27日(ポルトガル)、2015年度ウイメンズWCT第八戦「カスカイス・ウイメンズ・プロ(Cascais Women’s Pro)」が終了しました。優勝はコートニー・コンローグ。

2015年度ウイメンズWCT第八戦「カスカイス・ウイメンズ・プロ」:初日ハイライト

2015年度ウイメンズWCT第八戦「カスカイス・ウイメンズ・プロ」:二日目ハイライト


スポンサーリンク


予報通り、波が大きくサイズダウンして開催された本日。セミファイナルからスタートだったので、あっという間に終了した感じですね。3ヒートのみだったので。

注目のヒートは、ツアーランク2位のコートニーとツアーランク3位のサリー・フィッツギボンズが対戦したセミファイナルのヒート2。事実上のファイナルと言っても良いヒートでしょう。

サイズが小さい上、波の形も良くないヒートだったので、どちらもハイスコアを出すことができない展開に。結果的に、コートニーが11.30ポイント、サリーが11.17ポイントの僅差ながら、コートニーが勝ち上がることになりました。

そんなコートニーとファイナルで対戦したのは、レイキー・ピーターソン。このファイナルでは、コートニーが絶好調となり、8ポイント台を二本も揃えて圧勝することになりました。

今回のイベント結果を受け、ウイメンズのWCTランキングのトップ10は以下の通りとなりました。

ウイメンズWCTランキング

コートニーが、カリッサからトップの座を奪い返しましたね。他には、サリーがタイトルレースには厳しいポイント差を付けられています。今回優勝できなかったのは、大きな痛手となりました。

次なるウイメンズのツアーイベントは、10月6日からウェイティングピリオドがスタートするフランス。そろそろ、ステファニー・ギルモアが復帰し、タイトルレースを荒らしてくれたら面白いと思うのですが、どうでしょうか。

イベントの詳細については、下記リンク先の公式サイトからチェックして見て下さい。

公式サイト「Cascais Women’s Pro

本日の結果
・ファイナル
1st: Courtney Conlogue (USA) 16.10
2nd: Lakey Peterson (USA) 12.34

・セミファイナル
Heat 1: Lakey Peterson (USA) 11.60, Tatiana Weston-Webb (HAW) 10.34

Heat 2: Courtney Conlogue (USA) 11.30, Sally Fitzgibbons (AUS) 11.17

ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)