• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

Bike Balls バイク・ボールズ テールライト 自転車

都市部の道路で自転車に乗っていると怖いのが、夜間に後方から走ってくる車。夜間には車のドライバーが自転車に気付きにくいだけでなく、特に日本では、道路脇の自転車レーンが狭すぎるという問題も挙げられます。

では、どうすればすれば良いのか!?その答えとなるのが、車のドライバーが自転車の存在に気づきやすいテールライトです。今回の記事は、アメリカから発売された後付け可能な自転車向けテールライトを紹介します。


スポンサーリンク



今回紹介するテールライトの名称は「Bike Balls(バイク・ボールズ)」。実はこの商品、今年キックスターター(Kickstarter)で資金調達に成功し、発売開始となったのです。

キックスターターとは、面白いアイディアやスキルがありながらも、プロジェクトを実現するだけの資金がない人が、クラウドファンディングで資金を募るサイト。

そのキックスターターにおいて、バイク・ボールズは今年2015年6月に目標額を上回る85,663ドルの資金集めに成功し、商品化されたばかりです。

商品自体は、記事冒頭の写真にある通り。赤色LEDをシリコンカバーで覆ったライトとなっていて、自転車シートの下に簡単に装着可能だそうです。同商品は、通常のライトよりも明るいため、安全面においてはグッド。

使用時のモードは、点灯モード、強弱2パターンの点滅モードと3つのタイプを選べるとのこと。バッテリーは、点灯モードで最大100時間、点滅モードで最大190時間使用可能。

新商品であるため、現在は注文から商品発送まで3~4週間もの日数を要すると言います。しかし、国際配送にも対応しているので、日本への配送も可能かと思います。

気になるお値段は、わずか17ドル(現為替レートで2,000円ほど)という安さ。安全面が高まるだけでなく、シュールなデザインから街乗りすれば注目を集めるはずのバイク・ボールズ。

興味のある方は、下記公式サイトから詳細情報のチェックや購入が可能となっています。

公式サイト「Bike Balls

グッズの関連記事
  • オオメジロザメが逃げ出すシャークバンズによる驚きの実証実験動画
  • 片方からの水圧に対してのみフニャっと折れ曲がるスライド・フィンズ
  • ワックス落としの手間が省けボードはクールに見えるシート「ワックストラック」
  • 水平360度の撮影を可能にしたアクションカメラ「360fly」
  • 栓抜きを内蔵させてしまったボードショーツ「BBO(Boardshort Bottle Opener)」
  • 海での塗り直しを可能にするウェアラブル日焼け止めディスペンサー「SunZee」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事