• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

heavy hollow pounding

カリスマ的人気を誇るフリーサーファーのデーン・レイノルズ、2012年にWCTサーファーであったヤディン・ニコル、来年2016年からはWCTサーファーとなるコナー・コフィン、コナーの2歳年下の弟/パーカー・コフィン。

今回の動画は、上記の豪華4名が出演するフリーサーフ映像をお届けします。撮影場所は南カリフォルニアということ。


スポンサーリンク



一口に南カリフォルニアと言って、かなり範囲は広いですよね。沿岸エリアで見ると、南はメキシコとの国境があるサンディエゴ郡、北はサンルイスオビスポ郡までなので。

ただ、今回の出演メンバーが集まる時のセッションの舞台となるのは、大抵がベンチュラかサンタバーバラ。というのも、デーンがベンチュラ郡、残り3名がサンタバーバラ郡がホームであり、二つの郡はお隣同士のためです。

気になる波は、一般サーファーにはダンパ(英語ではクローズアウト)にしか見えないほどヘビーに巻き上げています。トッププロだからこそ、ダンパの中であっても、数少ない切れた波を選んでメイクしているといった感じ。

ちなみに、デーン、コナー、ヤディンの3名がレギュラーフッター、パーカーがグーフィーフッターとなります。バレル(チューブ)メインでレギュラーフッターが3名もいると、かなり見分けづらいんですが・・・。

フリーサーフの関連記事
  • ミックファニング
    4度目のタイトルが見えてきたミック・ファニングのローワーズセッション
  • ジョンジョン・フローレンス エフカイ オアフ島 ハワイ
    オアフ島ノースショアのエフカイでファンセッション:ジョンジョン・フローレンス
  • ローワーズでロストサーフボードに乗るトッププロたち
  • ウェイブガーデン創業者の息子たちが見せる人工波@Nランドでのライディング
  • フリーサーファーの先駆者であるラスタ&オジーのサーフ動画@バイロンベイ
  • メキシコで自由を訴えかけるようにエアーを繰り返すディオン・アジアス

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事