ワールドクラスのレフトハンダーが多いインドネシアのバリ島。

そんなバリ島の中で、数少ないワールドクラスのライトハンダーとして知られるのが東海岸に位置するクラマスですね。

東海岸のブレイクという事で、乾季の現在はざっくりとした棲み分けをすればサーフシーズンではないのですが。

今回の動画は、先日炸裂したというバリ島クラマスでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


インドネシアは乾季になると東寄りからの季節風が吹くので、風向きがオフショアとなる西海岸が乾季のサーフシーズン。

一方、雨季になると季節風は西寄りに変わるので、風向きがオフショアとなる東海岸が雨季のサーフシーズンとなります。

ただし、上記の話はあくまでも風向きに限定した話であり、肝心の最もスウェルが入りやすい時期は乾季です。

そして乾季であっても朝一などであれば、クラマスでも無風だったりするので十分に使えるというわけです。

クラマスでCTイベントが開催されていた時期は乾季で、朝一から風が入るお昼前までという進行で開催していましたね。

さて、動画に話を戻して、概要欄には以下の記載がありました。

午前はソリッドかつクリーンで、潮が上げてくるとリップの分厚いバレルがブレイクするようになってきた。

お昼前になると風が入り始めてフェイスが少し荒れてきたけど、それでも波のシェイプにはさほど影響のない波がたくさん割れてたよ。

スウェルは午前中をかけてサイズアップしていき、ランチタイム辺りでピークに達したんだ(動画内のラスト2本をチェックして見て)。

波のシェイプに関してはベストって言えるコンディションではなかったかもしれないけど、クラマスでこれだけビッグサイズの波を見ることができたのはクールだったね。

動画の撮影日は記載されていませんが、投稿しているSOBの投稿スピードの速さを考えると、それほど以前の映像ではないでしょう。

そこで過去1週間ほどの波情報を確認すると、波のサイズが最もあったのが4~6フィートの8月25日なので、25日なのかと思われます。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事