ケリー・スレーターがトム・キャロルにスケート指導した90年代前半の貴重映像

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Tom Carroll skate

波のリップを飛び出し、空をキャンバスにしてしまうエアリアル。モダンサーフィンにおいては一般的なマニューバとなっていて、エアリアルのためにスケートボードをするサーファーも多いですよね。

しかし、エアリアルがサーフコンテストで一般化する以前に活躍していた40代以降のプロサーファーたちも、スケートが得意だったのでしょうか?

今回の動画は、トム・キャロル「Tom Carroll」(54歳)とケリー・スレーター「Kelly Slater」(44歳)がスケートボードをしている貴重な映像をお届けします。


スポンサーリンク



2×ワールドチャンピオンのトムに11×ワールドチャンピオンのケリーと、元ワールドチャンピオンの二人。ケリーがクイックシルバーを離れるまで、クイックシルバーのチームライダー同士でしたね。

そんな二人のスケートシーンですが、90年代前半のサーフムービー「Sarges Surfing Scrapbook, Take 3」に収録された映像となっています。

古い映像なので画像が荒いのですが、ミニランプでスケートに熱中しているグーフィーフッターがトム、緑のショーツを履いたレギュラーフッターがケリー。

ケリーのスケート動画は初めて見ましたが、今も昔も話題となるほどのエアリアルをメイクしてきたケリーなので、スケートをやっていたことが分かるライディングを見せています。

一方のトムは、意外にも全くのビギナー。まずはミニランプ内でトレーニング。その後、ドロップインにチャレンジしますが・・・。

貴重すぎる映像なので、是非ともチェックして見て下さい。