• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

soft top to bodysurfing

すっかり夏の定番ボードと言える存在となっているスポンジボード(英語ではソフトトップ)。

ボードにぶつかっても危なくない柔らかい素材であることから、サーフィンを体験したことのない友達や子供と一緒でも、安全に楽しむことができますからね。

今回の動画は、フィンレス(フィンが付いていない状態)にしたスポンジボードを使ってスピンを楽しんだり、スポンジボードから飛び降りてボディサーフィンしたりといった型破りのハチャメチャ波乗り映像をお届けします。


スポンサーリンク



型にはまらないサーフィンとは、まさに今回の動画に当てはまる言葉かもしれません。何をしているのかよく分からなくなりますが、本人が楽しむことが一番のサーフィン。

英語でよく使われる表現として「The best surfer in the water is the one having the most fun(一番楽しんだ人がベストサーファー)」というセリフがあります。「楽しんだもの勝ち」って感じですね。

気温上昇に伴い、日中になるとオンショア(海から陸地に吹き込む風)が吹きやすくなる夏場。オンショアが入ると、波のフェイスがグチャグチャになりやすいですよね。

そんな時は、今回の動画のよう、スポンジボードでの遊びに徹するのも良いのではないでしょうか。ボディボードのように腹ばいで乗ることで、意外と新たな発見があるかもしれません。


スポンジボード(ソフトトップ)に関連する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード

パーフェクトウェイブのメンタワイでスポンジボードサーフ:ジェイミー・オブライエン

キャッチサーフのビーターでフィンレスセッション:ジュリアン・ウィルソン

スポンジボードのキャッチサーフがハワイで感謝祭イベント開催

キャッチサーフから登場するチッパ・ウィルソンのシグネチャーモデル

フリーサーフの関連記事
  • ノア・ディーン
    若手トップフリーサーファー/ノア・ディーンの過去映像をまとめたベスト動画
  • 今季ベストとなったパイプライン(ハワイ)でのスーパーセッション@2017/1/19
  • 韓国のウインターサーフ映像
  • シーズン入りしたばかりのチャングーの波
  • ローラ・エネヴァーもチャージしたビッグバレルのPパスセッション
  • メイソン・ホー
    サンタに扮したメイソン・ホーが乗るカーボンラップとは!?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事