ドルフィンスルーしたサーファーのボードが襲い掛かってくるハプニング映像

シェア(記事を気に入ればお願いします)

duckdive-failure

簡単にはできるようにならないドルフィンスルー(英語ではダックダイブ)。押し寄せてくる波の下を潜るテクニックであるため、パドルアウトする時に必須ではあるのですが難しいですよね。

一筋縄ではいかないとあり、初心者サーファーがドルフィンスルーしている様子を見ていると、サーフボードから手が離れて後方へと派手にボードがすっ飛ぶ様子を目にしたこともあるのではないでしょうか。

今回の動画は、ドルフィンスルーのミスによりライディング中のサーファーが危険な目に遭遇した映像をお届けします。


スポンサーリンク



まずは動画からチェックして下さい。

Kookslamsさん(@kookslams)が投稿した動画

ドルフィンスルーのできない初心者サーファー、またはドルフィンスルーはできるものの偶然にして手からサーフボードがすっぽ抜けたサーファーによるものなのかは判然としません。

基本的にドルフィンスルー中に限らず、サーフボードを手から離すのは危険行為。ボードを手から離しても良いのは、ドルフィンスルーをしても効かないほどサイズのある波などで、後方に人がいないことを確認した場合のみに限られると思います。

ボードを離すことは危険行為であることに加え、リーシュコードが切れたりする原因にもなりえます。そのため、パワーのある波の場合は水中でボードを抱きかかえてしまうのも手です。

また、レールから手がすっぽ抜ける事があるという方は、ドルフィンスルーの時に掴むレールエリアに軽くワックスを塗っておくのも良いと思います。

自分が怪我をするだけでなく、人に怪我をさせるのも気分は良くないので、動画のようになることなく、事前に防げる危険行為は防ぎ、楽しくサーフィンを楽しみたいですね!

ドルフィンスルーに関連する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

どこまでも潜り続けるダックダイブ(ドルフィンスルー)のやり方:ジョンジョン・フローレンス

ボードを捨てるかドルフィンスルーを選ぶか!ビッグウェイブでの判断のポイント

快適なグリーンルームでのアクシデント映像:ゼブ・クリッチロウ

陸上でダックダイブ(ドルフィンスルー)のトレーニング

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)