blank

Photo: WSL / SEAN ROWLAND

ウェイティングピリオド突入まですでに24時間を切っているメキシコのバラ・デ・ラ・クルスを会場とするCT第7戦「Corona Open Mexico presented by Quiksilver」。

日本時間の本日夜間には現地では朝を迎えるので、すでにWSL公式波予報サイトのサーフラインが、バラ・デ・ラ・クルスの予報をアップデートしています。

今回の記事は、メキシコCTイベント期間における波予報といったニュースをお届けします。


スポンサーリンク


メキシコCTイベントの波予報

現在発表されている波予報を見ると、概要としてはビッグサイズのスウェルがヒットすることはなさそうです。

となると、バラ・デ・ラ・クルスお得意のバレルと言うよりも、ターンなどがメインとなるリッパブルなコンディションになる可能性が高そうに思われます。

ここからは波予報の詳細をチェックしていきます。ウェイティングピリオドは8月10~19日となります。

8月10日

波のコンディション:セット間長めの4~5フィート(胸~頭)。午前はまとまりがなく、午後に向けてコンディションが上向き。

風向き:午前は東寄りのサイドショアが吹き、午後になると風は弱まっていく。

8月11日

波のコンディション:新たな南スウェルが入り、午後になると最大セットで6フィート(オーバーヘッド)ほどに。

風向き:風はオフショアから始まりオンショア~サイドオフショアへと回っていくもののそれほど強まらない。

8月12日

波のコンディション:4~6フィート(胸~オーバーヘッド)。時おりオーバーヘッド以上のセットが入る可能性もあり。

風向き:風はオフショアから始まりオンショア~サイドオフショアへと回っていくもののそれほど強まらない。

8月13日

波のコンディション:4~6フィート(胸~オーバーヘッド)。時おりオーバーヘッド以上のセットが入る可能性もあるがスウェルは一日を通して弱まる傾向。

風向き:風はオフショアから始まりオンショア~サイドオフショアへと回っていくもののそれほど強まらない。

8月14日

波のコンディション:4~5フィート(胸~頭)で、スウェルは一日を通して弱まる傾向。

風向き:風はオフショアから始まりオンショア~サイドオフショアへと回っていくもののそれほど強まらない。

長期予報となる15日以降については、15~16日はサイズが小さく風向きも良くないとのこと。

17~19日は徐々にサイズアップの見込みですが風向きがオンショアの予報となっていて、MSWの予報を見ても同様です。

この予報を見る限り、初日からスタートさせて4日連続開催とし、13日で終わらせる可能性もあるのではないかと思います。

この日程で終わらせれば、24日からウェイティングピリオドに入るタヒチイベントまで10日間の時間的余裕が生まれ、タヒチ入国の際にコロナワクチン未接種者に課せられる10日間の隔離も可能になりますし。

まとめ

メキシコのオアハカ州と日本の時差は、サマータイム中は14時間で冬時間では15時間、日本の方が進んでいます。

現地時間の8月10日午前7時にイベントがオンになった場合、日本時間は8月10日午後9時となります。

-----

公式サイト「Corona Open Mexico presented by Quiksilver 2021 - Men's

公式サイト「Corona Open Mexico presented by Quiksilver 2021 - Women's

2021年メキシコCTイベントの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事