人を襲うと言われる種類のサメの目撃談が珍しくない国の一つと言えるオーストラリア。

オージーサーファーとサメの話題になれば、海でサメと遭遇した経験のある方も少なくないほどですし。

ですが、実際に襲われた経験を持つ方となれば少ないでしょう

今回の動画は、スピアフィッシングで潜水中にサメに狙われた様子を映し出した貴重な映像をお届けします。


スポンサーリンク


人間を襲う可能性が高いと言われるサメの種類は、ホホジロザメ(英語:Great White Shark)、イタチザメ(英語:Tiger Shark)、オオメジロザメ(英語:Bull Shark)。

今回登場するのはオオメジロザメとなっています。

オオメジロザメが出没したエリアは、オーストラリアQLD(クイーンズランド)州ルシンダで、2020年5月30日のこと。

事故発生時は、15~17メートルほどのエリアでダイバーは獲物を捕獲し、海面へと浮上している時に何気なく下方に目を向けるとオオメジロザメの姿が。

襲われたダイバーはオオメジロザメの姿を確認すると、すぐにフィン(足ヒレ)をバタバタさせて牽制。

すると、すぐにオオメジロザメは離れていったのでめでたしと思いきや、フィンが足から脱げると言うハプニングが。

実は襲ってきたシーンをコマ送りでチェックして見てると、オオメジロザメがフィンを口にくわえて噛みついていたことが分かります。

ということは、もしかしたら状況によっては足を噛みつかれていた可能性もあるということで、冷静に考えると非常に恐ろしく、このダイバーはとんでもなくラッキーだったと言えます。

ダイバーがパニック状態になっている音声も収録されているので、実際にどのようなシチュエーションだったのかチェックして見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事