今季ツアールーキーとしてCT初参戦となっているオーストラリアのモーガン・シビリック「Morgan Cibilic」(21歳)。

初出場となったCT初戦のパイプマスターズでは、ラウンド1は勝ち上がったものの、ラウンド3でシード順位が低いことから早々にガブリエル・メディナと対戦となり敗退することに。

今回の動画は、モーガン・シビリックによる2020年に撮影された1セッションの映像をお届けします。


スポンサーリンク


パット見た感じではルックスが若い頃のデーン・レイノルズに似たような印象のあるモーガン。

そんなモーガンによる今回のフリーサーフィン動画はホームであるオーストラリアで撮影されたものでしょう。

撮影だけお願いし、動画編集は自分で手掛けたそうです。

ただ、Youtubeに動画をアップロードすると画質のクオリティが悪くなるので、どうすれば良くなるか教えてとのSNS投稿をしてますが…。

モーガンのサーフスタイルですが、トラディッショナルなオージーサーファーとは異なる印象を受けます。

全身がバネのようなしなやかなターンの伸びなどは、ウイメンズサーファーに似たような印象を受けます。

ツアーが再開となれば次はオーストラリアなので、ホームカントリーでどのような活躍を見せることになるのか注目です。

モーガン・シビリックの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事