• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

via magicboardcenter.com

実際に乗ってみないと乗り心地の分からないサーフボード。ボードブランドによっては試乗可能なデモイベントを行っている場合もありますが、開催日が決まっていると理想のコンディションでの試乗は難しいですよね。

ベストなのは、海の近くにあるサーフショップによる試乗。当日の波のコンディションをチェックした上で試乗するか決められますので。そんなサービス聞いたことないよ!と思ってしまいがちですが、世界を見渡すとありました。

今回の記事は、ポルトガルのサーフショップが行っているカスタマーファーストな「サーフボード購入前のテストライド」サービスについてお届けします。


スポンサーリンク



サーフボード購入前の試乗サービスを行っているのは、ポルトガルのラゴスにあるサーフショップ「マジック・ボード・センター(Magic Board Center)」。

同ショップのマネージャーを務めるリックは、「ボード性能を知る唯一の手段は、海に入って乗ってみること。だからこそ、このサービスを始めたんだ」と言います。

試乗に関するポリシーは極めてシンプル。ボード購入を検討するサーファーに与えられる試乗時間は24時間。新品や中古問わず、同ショップにストックされている全てのボードが試乗対象で、テストボードの交換は何度でも可能。

試乗後にサーフボード購入に至れば、試乗時間に対する費用は一切発生しません。気に入ったボードがなく、購入に至らなかった場合はレンタル料として15~25ユーロが請求されます。

最も気になるのは、テストライド中にボードを破損させた場合。折れてしまった場合は買い取りとなります。破損の場合は、通常のリペア代を支払うのみでオーケー。同ショップのリペア代リストは以下の通り。

via magicboardcenter.com

同ショップは、購入前の試乗に加え、レンタルボードも提供していて、サーフボードのラインナップはラスティ、ロスト、チャネルアイランズ、チリ、ファイヤーワイヤーといった有名ブランドが揃っています。

そのため、サーフボード無しで手軽にポルトガルを訪れ、有名ブランドのサーフボードを色々と試してみる使い方もアリだと思います。

車の試乗のよう、サーフボードも購入前の試乗が世界的なスタンダードになる時代が来るかもしれませんね。

公式サイト「Magic Board Center

参照記事:「There’s a Surf Shop in Portugal That Lets You ‘Try Before You Buy’

ニュースの関連記事
  • 不注意運転の車がハワイアンレジェンドのサニー・ガルシアに正面衝突
  • 現WQSランキングトップのレオナルド・フィオラヴァンティがUSオープン開催直前に負傷
  • ジョニー・ボーイ・ゴメス
    ワイキキ(ハワイ)で暴行事件!加害者は元パイプマスターのレジェンドサーファー
  • 再びクロコダイル出没のWQSイベント@コスタリカ:イベントは継続の方向へ
  • 脾臓を破裂させるほどパワフルなハワイアンウォーター:トリー・メイスター
  • ケリー・スレーターの骨折の状況:回復見込みは当初予定よりも大幅に長引く恐れも

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事