ずば抜けたエアリアルのスキルが特徴的なマウイ島出身フリーサーファーのマット・メオラ「Matt Meola」(27歳)。

そんなマットにとって、ハワイがシーズンとなる冬場はじっくりとホームに腰を据えて、波が良いスポットへと島中をドライブするのが定番。

今回の動画は、ウインターシーズンのマウイ島でのマット・メオラによるフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


「サーフトリップは好きだけど、(何本ものサーフボードなど大荷物を持っての)移動なんかがちょっとね」と語るマット。

そのため、好きなシーズンはホームであるハワイがサーフシーズンを迎える北半球の冬。この時期はトリップに出ることなく、マウイ島で過ごすためです。

そんなハワイでのルーティンは、早起きしてサーフするのではなく、風が入りだす時間帯まで待ってから行動をスタート。

通常であれば、風が吹く前の早朝は波のフェイスがクリーンなために、サーファーは朝早くから海に集まります。しかし、混雑が嫌いなマット。

風が入ってフェイスが乱れてくれば、早朝から入っているサーファーは海から上がってしまうので、その時間帯を狙っているそうです。

これは、エアリアルサーファーだからこそのチョイスとも言えます。と言うのも、エアーのメイク率を上げるために風向きを考慮に入れ、サイドショアなどを狙ったりするためです。

とんでもなくラディカルなローテーション満載のマットのライディングをチェックして見て下さい。

*マット・メオラの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事