将来のサーフスターになる可能性を無限大に秘めているグロメットサーファー。

中でも、若手の頃から光る才能を持ち、メジャーブランドからスポンサードされているサーファーは、年齢を問わず注目されますね。

今回の動画は、未来のジョンジョン・フローレンスのような存在になるかもしれないハーレーのグロムサーファーによるオーストラリアでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


今回出演しているサーファーは、マウイ島のイーライ・ハンネマン(14歳)、インドネシアのブロンソン・メイディ(13歳)、オーストラリアのウインター・ヴィンセント(12歳)、ベルギー出身コスタリカ在住のディーン・ヴァンデワール(15歳)。

世界各地のハーレーグロムがオーストラリアに集まった理由は、ハーレーによるトレーニングセンターが、オーストラリアのゴールドコーストからほど近いエリアにあるためでしょう。

フリーサーフィン映像がメインとなっていますが、サーフィン以外のトレーニング風景も少しだけ収録されている今回の動画。

フリーサーフィンの舞台は、Dバー(デュランバー)での映像が多いです。他のサーフスポットに比べ、スウェルへの反応が良くてサイズがあるためですね。

ちなみに、Dバーのようなサーフスポットは、英語では「swell magnet」と呼ばれます。磁石のようにスウェルを吸い寄せるためです。

*出演サーファーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事