• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

Photo: Brett Hemming

世界一危険なビッグウェイブイベントと評されているシドニー(オーストラリア)のボタニー湾を舞台にした「Red Bull Cape Fear(レッドブル・ケープ・フィア)」。

では、何が危険かと言うと様々な要因が挙げられます。そこで、イベントスポンサーであるレッドブルが危険要因を数字で分析した動画を公開。

今回の動画は、数字から分析するレッドブル・ケープ・フィアの危険要因に関する映像をお届けします。


スポンサーリンク



会場となるケープ・ソランダー(サーフスポット名は「ケープ・フィア」や「アワーズ」)は、波のフェイスが突然変異するミュータントウェイブのスラブ(slab:底ボレするバレル)。

ミュータントスラブという点だけを取ってみても、通常のビッグウェイブイベントとは異なりますね。ここからは、数字で危険度を分析。

・イベント開催要件は8~12フィートのビッグスウェル

・波のサイズはビル3階相当

・ブレイクする波の水量はオリンピックプール27個相当

・波がブレイクする場所の水深は2フィート(約60センチ)

・波がブレイクする場所からインサイドの岩棚までの距離は10メートル

・トウイン(ジェットスキーによる牽引)のスピードは最大時速50キロ

・バレルは5秒

・ワイプアウト時に波に巻かれ続ける時間は最大10秒

上記データを見ていると、やっぱりサーフィンするような場所ではないんじゃないかなと感じるのは私だけではないでしょう…。

*2017年レッドブル・ケープ・フィア関連の過去記事

今年2017年も帰ってくる世界一危険なビッグウェイブイベント「Red Bull Cape Fear」
2017-05-02 12:00
オーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州シドニーのケープ・ソランダー(サーフスポット名は「ケープ・フィア」や「アワーズ」)を舞台にした招待性ビッグウェイブイベント「Red ...
コンテストの関連記事
  • 2016年トリプルクラウン初戦「ハワイアン・プロ」はジョンジョンの優勝
  • 2015年度メンズWCT第六戦「Jベイ・オープン」:最終日ハイライト
  • 2016年タヒチイベントのトライアルが開催されワイルドカードが決定
  • 2014年度ASPメンズワールドツアー:タイトルレースのシナリオ2
  • 2014年度ASPメンズワールドツアー第七戦ビラボン・プロ・タヒチ:三日目ハイライト
  • 2015年度ウイメンズWCT第五戦「フィジー・ウイメンズ・プロ」:初日ハイライト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事