ジョエル・チューダーがJベイオープンを厳しく批判!その理由はタイトルスポンサー

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ジョエル・チューダー Photo: Vans

とてもコンディションに恵まれ開催された2017年メンズCT第6戦のJベイオープン

しかし、2×ロングボードワールドチャンピオンであるジョエル・チューダー「Joel Tudor」(41歳)は、最悪なプロコンテストであったと同イベントをSNSで酷評。

今回の記事は、ジョエル・チューダーがJベイオープンを批判した真相に関する内容をお届けします。


スポンサーリンク



ジョエルがJベイオープンを非難した理由は、イベント内容ではなく、イベントのタイトルスポンサーであるコロナにありました。

ジョエルのSNS投稿は以下の通り。

In honor of the alcohol backed j-bay open @wsl & @corona – a partnership catered to the youthful demographic of 14-25 ….huge providers of trash …zero health benefits and probably the biggest gateway drug on earth BOOZE!! Yet y'all refuse to support the weed industry…a industry that benefits the earth …can remove us from fossil fuels & plastic …deforestation….benefits health ….also replenishes ruined top soil from the toxins used by farming ….yet we are the bad guys 🙂 be aware of the Crazy hypocrisy that surrounds us & industry- GO GREEN 2017!!! ….ps …you can also make surfboards from hemp based materials! @libertyhempco @weedmaps @wmsurfing @breal @hightimesmagazine @stab @surfer_magazine @scveteransalliance

Joel_tudorさん(@joeljitsu)がシェアした投稿 –

ジョエルが批判しているのは、統計的に若い視聴者が多いイベントの冠スポンサーがアルコール企業という点、アルコールはドラッグ使用への入り口という点、アルコールを認めながら大麻(マリファナ)が批判される点。

とても興味深いのは、日本ではマリファナがハードドラッグの入り口と言われていますが、ジョエルの主張はアルコールというところ。

アメリカではマリファナが合法化の波に乗ってきているといったカルチャーの違いなどもあると思いますが、飲酒にまつわる事故や依存症などを考えると、ジョエルの考えも一理あるかと思います。

今回のジョエルによるSNS投稿後、真意を知ろうと豪スタブ誌がインタビューを行っているので、ここからはその内容についても触れていきます。

まずは大前提として、ごく稀にお酒を飲むことはあるけれどもビールは決して飲まないというジョエル。そんなジョエルは、昨シーズンのハワイで話題となった「Weedmaps」のライダーで、マリファナは吸うと言います。

初参戦にしてバックドアシュートアウトを制したチーム「Weedmaps」とは?
オアフ島(ハワイ)ノースショアのパイプライン/バックドアを舞台とし、先日開催された2017年バックドアシュートアウト。 ...

では、ジョエルはお酒の代用品としてマリファナを好んでいるのかと言うと、そういうわけではありません。マリファナを吸ってハイになるのは、あくまでも一つの側面に過ぎないとのこと。

医療目的に加え、森林伐採、ガソリン製造、サーフボードの製造など環境面においても大麻の活用は大きなプラスになるのでサポートしていると言います。

その一方、アルコールは毎年多くの人間を殺している「悪魔の毒」とジョエルは切り捨て、そのアルコールをプローモートしているサーフ業界やWSLに怒りを覚えているのです。

アメリカではかつて禁酒法が施行されていた時期もあったりしたものの、今では大々的に広告がなされているほどお酒は一般的なものです。

マリファナに関しても同様で、まさか合法化の流れが生まれるとは思いもしませんでしたが、時代の移り変わりと共に固定概念も変化しています。

ジョエルの考えとしては「10年後には、アメリカ全域でマリファナは合法化されているだろうね」とのこと。

もしかしたら、マリファナ業界がワールドツアーイベントのタイトルスポンサーになる日が来るのかもしれません。

———-

参照記事:「Joel Tudor Condemns WSL Over Impure Sponsor

ジョエル・チューダーの過去記事

スタイリッシュなライディングでアートを表現するジョエル・チューダー
1967年のショートボード革命以来、再びロングボード人気を再燃させた立役者の一人と言われるモダンロングボーダーのジョエル・チューダー(38歳...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)