Google Earthを駆使し完璧なヴァージンウェイブ!ナチョ・ゴンザレスのドリームトリップ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

スペイン出身の若手ビッグウェイブサーファーのナチョ・ゴンザレス「Natxo Gonzalez」(22歳)。

ビッグバレルを求め世界中を飛び回る一方、ナチョにはもう一つのロマンがありました。それは、パーフェクトなヴァージンウェイブを当てること。

今回の動画は、ナチョ・ゴンザレスがケパ・アセロに捧げるというヴァージンウェイブを求めたサーフトリップ映像をお届けします。


スポンサーリンク



まずケパ・アセロとは誰!?と思う方も多いと思います。当ブログでも頻繁にフィーチャーしてきたケパは、主に一人旅で世界の僻地を攻めるハードコアサーフトラベラー。

ナチョと同じスペインのバスク地方出身なので、ナチョにとっては大先輩といった存在であり、ナチョはケパから多大な影響を受けてきたと言います。

さて、今回のトリップはナチョが4年前にゴーグルアースで狙いを定めたエリアで、長きに渡ってスウェルチャートをチェックした末に、ついに現地を訪れることになった夢のトリップ。

肝心の波はと言うと、動画からチェックして下さい。動画を見て頭に浮かぶのは、もしかしてミック・ファニングがリップカールサーチで当てた波!?という点。

ミック・ファニングがライトのパーフェクトバレルを貸切サーフ@サーチトリップ
ライトハンダーのバレルスポットと聞いて頭に浮かぶのはどこですか!?私が真っ先に思い付いたのは、クラシカルスポットとして有名な...

ですが、ナチョいわく「ミックの波は、今回の僕のよりパーフェクトかつブレイクのスピードが遅いんだ。僕のはブレイクが早くてよりヘビー」とのこと。

どのくらいヘビーかと言うと、バレルに入ると波がボトムから巻き上げすぎているため、ボトムにはフォームボールはおろか、砂だけだったそうです…。

アクセスには途方もない時間を費やしたとのことですが、世界にはまだまだ誰にも乗られることなく、とんでもない波がブレイクしているエリアもあるのですね。

ちなみに、ミックが当てた波は過去にケパがモーリタニアで訪れたスポットだと言われていますが、果たしてどうなのでしょうか!?

進め!ケパ・アセロ:アフリカ編2
前回のアフリカ編1に続き、今回は第二弾となります。これまでのアフリカ編については、下記リンクを参照して見て下さい。 進め!ケパ...

あらゆる情報が溢れるインターネット時代ではあるものの、シークレットスポットはシークレットスポットであり続けることでアドベンチャー精神を駆り立てられるようで悪くはないですね。

———-

参照記事:「WATCH: Natxo Gonzalez: A Discovery

ナチョ・ゴンザレスの過去記事

高強度なビッグウェイブ用ボード3本が2ピースに:イベリア航空でのボードトラブル
飛行機を利用するサーファーに身近な問題と言えるサーフボードトラブル。 以前には、ジョンジョン・フローレンスやアレックス...
スペイン出身トップビッグウェイブサーファーのアイルランドトリップ動画:ナチョ&インダル
一般的なサーフィンとは全く別物といった感もあるエクストリームなビッグウェイブサーフィン。 そのビッグウェイブサーフィン...
アリッツ・アランブルを含むスペイン人サーファーのトリップ動画@スケルトンベイ
何度見てもため息をつくほど信じがたいロングバレルがブレイクするナミビアのスケルトンベイ。 今回はアリッツ・アランブル、...
ランサローテ島(カナリア諸島)で伝説になるであろう波を当てたナチョ・ゴンザレス
かつてはワールドツアーイベントが開催されていたロングレフトがブレイクするサーフスポット「ムンダカ」。 そのムンダカを有するスペ...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)