via vimeo

オーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州ニューカッスル出身のマット・ホイ「Matt Hoy」(46歳)。

90年代のワールドツアーで活躍していたサーファーということで、いわゆるレジェンドサーファーといった感じですね。

今回の動画は、マット・ホイによるインドネシアのメンタワイ諸島でのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


現在はトム・キャロルなどと同じく、クイックシルバーチームのレジェンド枠といった感じのマット。

現役時代はワールドツアーイベントで3勝を上げ、97年にはCTランク5位という記録を残しています。

ちなみに、マットはケリー・スレーターの1歳年上で、マットがCTランク5位となった年のワールドチャンピオンはケリー。

こう考えると、ケリーは引退していて当たり前の年齢でありながら、今なおコンテスト界のトップサーファーとして君臨し続けているのは異常ですね…。

そんなマットによる今回の動画公開にあたり、マットはSNSで以下のコメントを寄せています。

オレはエアーもできなければ、ビッグウェイブにチャージするわけでもない(ビッグウェイブチャージを見るのは大好きだけど)。

でもね、サーフィンが大好きなのは変わらないし、旧友とつるんだり新たな出会いのあるサーフトリップも大好きなんだ。

最近では、40代と言ってもカッコいいサーファーが増えていますね。マットのサーフィンもまたスタイリッシュでクールです。

時代時代でサーフスタイルのトレンドがあるためか、個人的にはブラッド・ガーラックのサーフスタイルに似ていると感じました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事