いよいよ明日2018年3月11日からウェティングピリオドがスタートとなるサーフィンワールドツアーのCT(チャンピオンシップツアー)初戦。

ゴールドコースト(オーストラリア)のスナッパーロックスをメイン会場とするCT初戦は男女同時開催で、メンズは「クイックシルバー・プロ・ゴールドコースト(Quiksilver Pro Gold Coast)」、ウイメンズは「ロキシー・プロ・ゴールドコースト(Roxy Pro Gold Coast)」。

今回の記事は、2018年クイック&ロキシープロ@ゴールドコーストの出場サーファーや波予報といったイベント情報をお届けします。


スポンサーリンク


クイックシルバー・プロ・ゴールドコーストの出場サーファー

メンズCT初戦となるクイックプロ@ゴールドコーストにて、現時点において欠場を発表しているCTサーファーはいません。

ですが、CTイベントの公式波予報サイトであるサーフラインによると、ケリーがメールで欠場の意思を表明しているとのこと。メール内容は以下の通り。

今日時点において出場するつもりはないんだ。直近の手術以降、まともにボードに立てる状態じゃなくて。なんとかなると思ってたんだけど、思い通りにはいかなかった。

現時点では正式にヒート表に名前を連ねてはいるんだけど、出場できるとは思えないよ。

ケリーが欠場となれば、リプレイスメント出場となるのはビード・ダービッジの可能性が高いと思われます。ビード本人も望んでいましたしね。

メンズでは2枠あるワイルドカードについては、1枠はイベントスポンサーであるクイックシルバーライダーのマイキー・ライトが今年も獲得。

もう1枠については、本日3月10日に開催中のトライアルイベント優勝者となるので、まだ決定していません。

ロキシー・プロ・ゴールドコーストの出場サーファー

ウイメンズCT初戦となるロキシープロ@ゴールドコーストについては、すでにお伝えした通り、コートニー・コンローグが欠場を発表していて、リプレイスメント出場はメイシー・キャラハン。

ウイメンズの1枠あるワイルドカードは、こちらもメンズ同様、例年と同じくトライアルイベントで決定となることでしょう。

波予報

3月11~22日までがウェイティングピリオドとなっているCT初戦。同期間において終盤は波が無さそうとの予報なので、前半戦で一気にイベントを終えると見られます。

鍵となるのはサイクロン「Hola」。サイクロンによるグランドスウェルが14~15日にヒットする可能性があります。もしも期待通りとなれば、ダブルオーバーヘッドほどのコンディションになる可能性も。

初日の11日(日曜)から14日(水曜)までオーバーヘッドほどのサイズがありそうな予報となっているので、初日からイベントを連日開催し、サイクロンスウェルのピークにメンズの最終日を当てるのではないかと思います。

まとめ

日本とゴールドコースト(オーストラリア)の時差は1時間。明日11日午前7時スタートの場合、日本時間は11日午前6時となります。

ライブ中継はFacebook独占放送の予定ですが、先日のWSLアワードの時のようにトラブルが発生した場合は、WSL公式サイトやアプリからの放送もあり得ると思いますのでご注意下さい。

-----

公式サイト「Quiksilver Pro Gold Coast

公式サイト「Roxy Pro Gold Coast

ライブ中継「WSL Facebook

昨年のクイック&ロキシープロ@ゴールドコースト過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事