Photo: WSL / PIERRE TOSTEE

年間で全11戦あるメンズのワールドツアーこと、CT(チャンピオンシップツアー)。

7月2日からスタートとなるJベイ(南アフリカ)イベントは第6戦ということで、ちょうどシーズン中盤といった所ですね。

今回の記事は、Jベイイベントに関するケリー・スレーター、マイキー・ライト、ライブ中継などのニュースをお届けします。


スポンサーリンク


ケリー・スレーター

昨年のJベイイベント期間中に足指を骨折してしまい、ワールドツアーから離れている11×ワールドチャンピオンのケリー(パイプマスターズには出場しましたが)。

そろそろ復帰が望まれていたものの、先日再び足指を痛めたとのことで、本人がSNSにて復帰予定であったJベイ欠場の恐れがあると示唆していました。

100%完治まではまだまだ先の話かと思われていたものですが、なんとWSLがケリーのJベイ出場を発表。ついにツアー復帰となるそうです。

この一年でパイプマスターズ以外のCTイベントに出場しないためシード順位を落としたケリーの対戦相手は、イタロ・フェレイラに五十嵐カノアとなっています。

マイキー・ライト

CTサーファーではないものの、今季はベルズビーチでのCTイベント以外は全て出場しているマイキー(全5戦中4戦)。

CT初戦のクイックシルバープロはマイキーがクイックライダーであるため、スポンサー枠によるワイルドカード出場でしたが、クイックプロ以外はWSLによるワイルドカード枠と異例の特別扱いと言えます。

その後押しに応えるかのよう、マイキーはCTイベントで結果を残してCTサーファーではないもの現CTランク7位であり、Jベイでもワイルドカード出場が決定。

CTランクによる翌年ツアー残留条件はトップ22入りで、昨年のCTランク22位となったサーファーのツアーポイントは22,400で、現在のマイキーは17,535(昨年とはイベント結果毎の獲得ポイントが少しだけ変更となったので目安として)。

あと何回かCTイベントに出場すれば、今季トップ22入りの可能性は非常に高いのですが、そもそもCTサーファーではないマイキーにCTランクからのCT入りが可能なのか!?

WSLルールブックをチェックすると、マイキーのようなケースに関するクオリファイの規定はありませんでした。ワイルドカード出場は基本的に単発出場なので想定すらしていないでしょうしね。

CTにおけるワイルドカードに関する規定は以下のみです。

Article 10: WSL World Title Race

The Surfer’s results from each of the CT Events throughout the Surfing Season will be counted towards their standing on the WSL World Title Race except for Event Wildcards and Event Replacements. Each Surfer begins from zero World Title Race points at the start of each Surfing Season.

上記規定によると、ワイルドカードとリプレイスメントはタイトルレースには絡めないという基準のようです。

ちなみに、リプレイスメントとはCTサーファー欠場の際に代理出場となるいわゆる補欠選手で、前年に1~2ランク差でCT入りを逃したサーファーが選ばれ、今季は4名がリプレイスメントに登録されています。

ライブ中継

これまでは、WSL公式サイト、スマートフォンアプリ、Facebook(フェイスブック)から無料視聴が可能であったライブ放送は、すでにお届けした通りJベイからFacebook独占放送(無料視聴)に変更。

Facebook独占放送への完全移行に関しては、テスト段階において問題がなければという条件付きとなっています。

私はバリ島でのCTイベント中、試しにFacebookで何回かライブ中継をチェックしましたがリアルタイム視聴者数は数千人程度と少なく、公式サイトやアプリからの観戦がメインかと感じました。

また、Facebookでの視聴者数が少ないもののライブ配信が止まる事が何度かあり、同時に公式サイトを立ち上げると公式サイトの配信は問題ありませんでした。

こういった点を考えると、JベイからFacebook放送に一本化されるのかどうかは少し疑問が残ります。

まとめ

ケリー復帰、マイキーのCT入り(Jベイで5位以上になればポイント的にはほぼ確定)、Facebook独占中継など様々な要素から注目が集まる今年のJベイイベント。

今年からウイメンズイベントも開催となる点も注目ですね。バリ島でのフリーサーフィンで負傷したジョンジョン・フローレンスが欠場という残念なニュースもありますが…。

開催目前には改めてイベント情報をお届けします。ケリーの直前キャンセルというニュースがなければと願っています。

-----

参照記事:「Kelly Slater to Make 2018 CT Return at J-Bay

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事