レユニオン島出身のマキシム・フスノット(21歳)。今回は、前回のマット・バンティング同様、マキシムが世界中を旅しながら各地で撮影されたサーフ映像となります。

今回はフリーサーフィンの映像となりますが、コンテストシーンでも活躍しているマキシム。2008年には最年少でヨーロピアンチャンプの称号に輝き、17歳であった2010年にはワールドジュニアチャンプのタイトルを獲得しています。

ワールドツアーを回るトップサーファーにとって、ワールドジュニアチャンプの称号はワールドツアーへの登竜門的な感じですので、エリート街道を進んでいると言えます。

ここ最近は、ヨーロピアンサーファーの活躍が目覚しいですね。ジェレミー・フローレスがヨーロピアンとしてワールドツアー入りという新たな扉を開いたことで、勢いづいてきた感じがします。やはり、先駆者の役割は大きく、先駆者がいることで下の世代も育ってくるのですね。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事