主にハワイへと注目が集まりがちな北半球のウインターシーズン。

しかし、ナザレ(ポルトガル)を筆頭とするヨーロッパでもローカルチャージャーが熱いセッションを繰り広げています。

今回の動画は、スペインで2月9日に繰り広げられたパドルインでのビッグウェイブサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


スペインと言うと、かつてはワールドツアーイベントも開催されていたバスク地方のムンダカが最も有名ではないでしょうか。

しかし、レフトのロングバレルで知られるムンダカ以外にも、スパニッシュサーファーが狙うサーフスポットが。

そのスポットこそが、今回の動画でフィーチャーされているロカプタ(Roka Puta)。

場所としては、サン・セバスチャンから西寄りのサーフスポットとなります。

出演しているサーファーはあまり知られていないローカルチャージャーがメインとなっていて、有名どころで言えばナチョ・ゴンザレスが登場。

今でこそネット動画が世界中ですぐに共有されますが、かつては決して日の目を浴びる事はないけれどもこのようなセッションが繰り広げられていたことを考えるとハードコアなスポーツだと考えさせられてしまいますね。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事