via WSL's facebook

ビッグスウェルに恵まれて終了した今年2019年のCT(チャンピオンシップツアー)第2戦のリップカールプロ@ベルズビーチ。

特にスウェルが最も強まった26日(金曜)は、ベルズボウルでサバイバルモードと言えるほどハードコンディションとなりました。

そんな26日に、バックアップ会場のウィンキポップへと向かうサーファーが。

今回の動画は、3×ワールドチャンピオンのトム・カレン「Tom Curren」(54歳)によるウィンキポップでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


今回の動画の前日となる25日、まだ本格的にサイズアップしていない中でオッキーとのスペシャルヒートを行ったトム・カレン。

オッキーは52歳、トムは54歳と二人共に元ワールドチャンピオンではありながらすでに50代。

年齢も考慮して、二人のスペシャルヒートはそこまでサイズアップしていないベルズビーチで開催されたのかと思ったのですが…。

実際にはまだ現役バリバリのチャージを見せることを証明して見せたと言える今回のトムの動画。

ウィンキポップはベルズビーチの隣なので、CTイベントが開催されていたベルズビーチとさほど波のサイズは変わらなかったことでしょう。

当日のベルズビーチはフェイスで12フィートでセットは15フィートと言われるコンディションだったので、そんな海へと向かったトムの凄さが分かります。

まさに生きる伝説ですね。

トム・カレンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事