今回の動画は、パート1の前回に引き続き、アフリカ大陸のモザンビークを舞台にしたパート2をお送りします。パート1については、下記リンク先から参照して見て下さい。

リップカール「Surfing is Everything」:パート1 スマトラ

出演サーファーは、オーウェン・ライト、マット・ウィルキンソン、ガブリエル・メディナ、ディロン・ペリロの4名。舞台となるサーフスポットはライトの波ですが、ディロン以外の3名はバックサイドとなるグーフィーフッターという組み合わせですね。

これまで、サーフエリアとして馴染みのなかったモザンビーク。地理的に見ると、東にマダガスカルがあるため、スウェルが入る角度が限定されるエリアが多いと思います。そのため、モザンビークでも南アフリカとの国境が近い南部の方が、サーフエリアとして開拓されているのかと思います。

ただ、全くもって謎のエリアというわけではありません。先日紹介したジョーディ・スミスの記事で、ジョーディがフリーサーフしていたのもモザンビークです。ちなみに、モザンビークは南アフリカの北東に位置していますが、北西に位置するナミビアもまた、スーパーロングバレルのスケルトン・ベイが今年は注目を集めました。なので、アフリカ大陸はさらに注目のエリアとなる可能性がありますね。


スポンサーリンク

 

K-WIND(ケーウィンド) ヘッドウエアー モザンビークブルー 152744
K-WIND(ケーウィンド)
売り上げランキング: 522,586

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事